地域のトピックス

写真展「水のこと」~水の国、わかやま~が主要3都市で開催されます!

今日は、主要3都市で開催される和歌山県主催の写真展をご案内します♪

「木の国」と呼ばれるほど森林の多い和歌山県は、深淵の山々が育む美しい【水】にも恵まれた「水の国」でもあります。
県は昨年から「水の国、わかやま。」をテーマに観光プロモーションを展開していますが、その魅力を写真でお伝えする「写真展 水のこと」が東京を皮切りに福岡・大阪でも開催されます。

展覧会の作品を撮影したのは、水中写真家の内山りゅうさん。和歌山の美しい水に魅せられて1999年に白浜町へ移住されています。
お近くにお住まいの方は是非、会場に足を運んで水の国・わかやまの魅力を感じてください!

【東京】
2017年5月12日(金)~5月18日(木)@富士フィルムフォトサロン東京・スペース2
【福岡】
2017年7月28日(金)~8月2日(水)@富士フィルムフォトサロン福岡
【大阪】
2017年9月1日(金)~9月7日(木)@富士フィルムフォトサロン大阪・スペース2

※上記期間中、各会場で内山りゅうさんによるギャラリートークが開催される日もあります。詳しくは、水の国わかやま特設サイトをご覧ください。

*トップの写真はアドバイザーがスマートフォンで撮影した古座川の風景です*

わかやま定住サポートセンター 移住アドバイザー

角田

プロフィール

福岡県北九州市出身。小学校入学のタイミングで和歌山県和歌山市に引っ越し、それ以降、和歌山県内で暮らす。2016年4月より和歌山県職員。「ふるさと回帰支援センター」内の「わかやま定住サポートセンター」に移住アドバイザーとして21年4月に着任。
好きな寿司ネタはマグロ。おにぎりの具はツナマヨが大好き。実はマグロが有名な県で、県の魚に選ばれるほどなんです!

相談員から一言

今、和歌山が熱いんです!2020年には当センターの移住希望地ランキングのセミナー部門で第1位になりました。21年度中に串本町で民間ロケットの発射も予定されており、今、全国的に注目されている熱い県、それが和歌山です。
本州最南端の潮岬がある和歌山は黒潮の影響を受け非常に温暖な気候です。気候が温暖ならば人もあたたかい。そんな和歌山で”和み”暮らしを満喫しませんか?ぜひわかやま定住サポートセンターまでお気軽にお越しください。