地域のトピックス

【3世代同居・近居をお考えの方へ、引っ越し支援を開始します】   富山県砺波市

砺波市移住・定住引越し支援事業~これから三世代同居・近居をお考えの方へ~

三世代同居推進事業の新規事業として、三世代家庭の推進及び本市への移住定住の促進を図ることを目的とする「砺波市移住・定住引越し支援事業」を開始します。これは、子育て世帯や県外へ進学した学生がUタ-ンなどして、本市で新たに三世代家庭になるための必要な引越しに対して、市が引越し経費の一部を助成するものです。

【対象者】
転入又は転居により、新たに三世代同居・近居となる方(既に三世代となっている世帯に、新たな世帯員が加わる場合は対象となりません。)

【対象要件】
(1) 当該三世代家庭の全員が、市内に住所を有すること。
(2) 三世代家庭の全員が、市税等を滞納していないこと。
(3) 三世代家庭の全員が、過去にこの要綱による補助金の交付を受けていないこと。
(4) Uターン単身世帯の者が県外及び市外からの転入の場合、転入日から起算して、過去1年以内に砺波市に居住した実態がないこと。
(5) 当該補助金の交付決定後、3年以上三世代同居又は近居を継続すること。
・なお、三世代家庭に外国人を含む場合は、前項各号の要件に加え、当該外国人が法令に基づき日本国に永住権を有し、かつ、市の住民基本台帳に記載されている者とします。

【対象経費】
運送業者に支払をした引越し費用。

【補助金額(1世帯当たり上限金額)】
・引越し経費は、同居1/2、近居1/4とします。

【県外からの転入】  同居 50,000円 近居25,000円

【市外からの転入】  同居 20,000円 近居10,000円

【市内における転居】 同居 10,000円 近居 5,000円

【補助金の交付申請及び請求】
・補助金の交付を受けようとする者は、引越しに要する費用の支払完了日の翌日から起算して1年以内に次の関係書類を添えて、市長に提出するものとします。

(1) 当該三世代家庭の全員の住民票の写し
(2) 引越し費用の明細書の写し
(3) 引越し費用の支払いを証する書類の写し
(4) 市内に住所を有する者の場合は、市外の居住を証する書類
(5) 前住所地での納税証明書(三世代家庭に属する者のうち、その年の1月1日現在において市内に住所がないものに限る。)
(6) その他市長が必要と認める書類

詳しくはこちらまでお問い合わせください。
砺波市企画調整課
所在地:939-1398 富山県砺波市栄町7番3号
電話:0763-33-1111 ファックス:0763-33-5325

富山くらし・しごと支援センター 相談員(くらし)

鯉野・牧

プロフィール

鯉野:石川県金沢市出身。田んぼと畑に囲まれた場所で高校までを過ごし、卒業後上京。その後金沢に戻り、接客・販売の仕事に就くかたわら、美術館のアートボランティアに登録。その活動を通して日本各地の地域住民との交流を経験。2014年に再び上京。2017年4月より富山くらししごと支援センターの相談員を務める。

牧:大学の4年間を富山で過ごし、卒業後、東京で旅行会社に就職。定年退職後、悠々自適とはいかないこともあり、別の会社に勤務。富山県への移住相談員の募集をみて、大学時代に大変お世話になった大好きな県への恩返しのチャンスと思い、相談員に。

相談員から一言

鯉野:富山は立山連峰に海の宝石がざくざくの富山湾など、雄大な自然の恵みがたくさん!!お酒も食べ物も美味しいです。音楽フェスや古本とレコードのイベントなどカルチャー面もアツイ!!移住イベントも年間通して多数開催しています。まずは是非体感してみてください!!

牧:富山は立山連峰に代表される山と日本海、そして落ち着いた街並があり、最近は海外からの観光客も増えている風光明媚なところです。でも一番の魅力は、真面目で勤勉な「人の良さ」です。移住にあたっての様々な支援もご用意していますので、ぜひ有楽町オフィスにお越しください。そして現地で富山の良さ、特に「人の良さ」を体感してみてください。