地域のトピックス

岡山弁習得講座♪

岡山に住むなら知っておきたい岡山弁☆西日本というと、関西弁や博多弁などを思い浮かべる方も多いのかな~と思いますが、岡山弁はまた一味違う、独特な言葉なんです☆
因みに岡山県専属アドバイザーは転勤族だったため色々な方言を使用してきました。岡山県出身ではありませんが、公私ともに無意識に岡山弁をしゃべっているらしいです。

では早速ご紹介します♪下に行くにしたがってどんどん面白くなります♪

・もんげー・ぼっけー・でーれー:すごい!
※岡山弁の定番です。岡山の方にきくと、もんげーは現在あまり使わないようですが、某アニメのキャラクターが使ったことで有名になりましたね(笑)

おえん:だめ

・いぬる:帰る

・(南部)はよー来られえ・(北部)きんちゃい:早く来なさい

・おいでんせえ:いらっしゃい(歓迎の意)

・ぎょうさん:たくさん

・おせら:大人たち
※地元雑誌「オセラ」はこの言葉が語源です。大人が楽しめる岡山の雑誌という意味らしいです。オセは大人、ラは複数形(達)。

ごんご:津山弁でかっぱ。
※津山ではこの言葉を用い、ごんご祭りというものがあります!

・ばあ:〇〇ばかり

 ・いんどかれー:帰っていなさい。
※インドカレー(食べ物)ではありません。

・はよーしね:早くして
※実際に言われるとちょっとドキッとするこの言葉。知らないと別の意味と勘違いをしてショックを受けてしまうかもしれません・・・(笑)

でーこんてーてーてー:大根を煮ておいて
※面白岡山弁の代表!でーこん=大根。てーてーてー=炊いといて(炊く=煮る)

・でーかでーどこーでーてーたでーこんとてーてーてーてーてゆーてーて:誰か(でーか)台所に(でーどこー)出しておいた(でーてーた)大根(でーこん)と鯛(てー)を煮ておいてと言っておいて(てーてーてゆーてーて)
※もはや、理解困難ですよね(笑)
これは、岡山弁の特性をフル活用した有名なネタです☆解説をすると、岡山弁は、「あ」→「え」に置き換えることが多く、それを繋げるとこのような言葉が出来上がります。「いーな」→「えーな」のような感じです。

いかがでしたか。普通に通じるものから、ナニコレ!と思うものまでいろいろ集めてみました。南部と北部では若干方言も違うので是非現地で聞いてみてくださいね。

おかやま晴れの国ぐらし IJUアドバイザー

金子

プロフィール

両親の地元は神奈川県。転勤族で、新潟県に生まれ、石川県や静岡県など転々とし、現在は都心部在住。福祉系大学卒業後、老人保健施設相談員、居宅支援事業所のケアマネジャー等福祉関係の仕事に従事していた。数年前に旅行で訪れた岡山に魅了され、何度も訪れるようになる。将来は移住を検討中。

相談員から一言

初めて岡山を訪れた時、早朝の静かな川に映る朝日を見てここで毎日朝を迎えたいと感じました。瀬戸内海に沈む夕日、豊富な魚介類や果物、丁寧に作られた布商品や焼き物、美しい星・・・岡山は、訪れる度新しい発見・魅力が溢れる場所です。自然や美味しいものに囲まれ心豊かな生活をしてみませんか?まずは窓口に気軽にお越し下さい。