地域のトピックス

滋賀にしかないエコツーリズム Vol.1 フィールド里・田舎もん体験

フィールド里編 田舎もん体験2020の参加者募集

滋賀県には琵琶湖と共に暮らしてきた人々の魅力的な生活文化や歴史があります。それは琵琶湖という資産を大切にする心から生まれたものです。琵琶湖やその周辺の自然と共に人々が育んできた、滋賀の森・川・里・湖に触れる滋賀ならではのエコツーリズムを体験し、その魅力を知り、自然の大切さを改めて感じていただきたいです。

シリーズ紹介の第一弾は、フィールド里編・愛のまちエコ倶楽部 田舎もん体験をご紹介します。

東近江市愛東エリアは、ぶどう、梨などの特産品が扇状地という地形を利用して栽培されている豊かな農村地域です。果樹等を求めて、道の駅「あいとうマーガレットステーション」では、年間55万人もの来客があります。この農村資源を生かした体験プログラムが「田舎もん体験。お米作りはもちろん、ブドウ・ナシ・お茶・味噌などバラエティに富んだ他には無いメニューが強み。イベント的な体験ではなく、連続した年間作業を農家さんと一緒に経験できます。収穫だけでなく、地域の方との交流が大きな魅力です。

2020年は、全部で7つのこだわりプランをご用意しました!

★7つのこだわりプラン

※外部サイトに遷移します
①米づくり
②ぶどう倶楽部
③お茶っぱーず☆
④梨倶楽部
⑤里守隊
⑥田んぼオーナー
⑦貸農園

あいとうマーガレットステーション

実施団体   NPO法人 愛のまちエコ倶楽部
開催場所   東近江市抹町70  あいとうエコプラザ菜の花館 並びに近隣農場等
問い合わせ先 TEL: 0749-46-8100   FAX : 0749-46-9288
メールアドレス npo@ai-eco.com

申し込みはコチラ

滋賀にしかないエコツーリズム・フィールド里

写真提供 (公社)びわこビジターズビューロー

しがIJU相談センター 相談員

池田

プロフィール

滋賀県長浜市出身。高校卒業まで滋賀県内で暮らす。進学を機に滋賀県を離れ、卒業後航空会社に就職。国際線勤務に携わる。退職後、2017年7月よりしがIJU相談センターの相談員をつとめる。

相談員から一言

~Mother Lake..母なる湖・びわ湖…あずかっているのは、滋賀県です~
この言葉からもわかるように滋賀の奥ゆかしい人柄がうかがえるキャッチフレーズが、私は好きです。滋賀の魅力は、琵琶湖だけではありません。豊かな自然に恵まれると共に、大都市へのアクセスの良い便利な暮らしができます。田舎と都市が共存している滋賀をもっと知りたい方、ご興味がある方は、是非、お気軽にしがIJU相談センターにお立ち寄りください。