地域のトピックス

子どもの医療費助成・支援について◆茨城県 移住・子育て支援

こんにちは!いばらき暮らしサポートセンターです。

今回は、移住相談でお問合せの多い 子どもの医療費助成・支援 についてご紹介します。

自治体によって支援が異なるので、「支援が手厚いまちはどこなのか?」「住みたいまちの制度はどうなっているのか?」分かりづらいですよね。

茨城県の医療福祉費支給制度(マル福)については、茨城県HPから詳しくご確認いただけます。

”医療福祉費支給制度(マル福)とは、小児(外来:小学6年生・入院:高校3年生まで)・妊産婦・ひとり親家庭(母子家庭・父子家庭)・重度心身障害者などの医療福祉受給対象者の方が、必要とする医療を容易に受けられるよう、医療保険で病院などにかかった場合の(注1)一部負担金相当額を公費で助成し、医療費の負担を軽減する制度です。”

お子様に限ってお伝えすると、
外来:0歳から小学6年生まで 入院:0歳から高校3年生まで  対象となります。
※母子家庭・父子家庭・重度心身障害者は別途支援を受けられる可能性があります。

自己負担金額は、
外来:1日600円(月2回限度)(1医療機関毎,調剤薬局除く)
入院:1日300円(月3,000円を限度)(1医療機関毎)食事療養標準負担額

医療に関する給付は、医療保険に加入し、所得が一定以下という注意点がありますが、
市町村によっては、「所得制限なし」「自己負担金撤廃」「対象年齢拡大」など独自に制度を拡充させている自治体もあります。

市町村ごとの事業をまとめた表(※R2.4.1現在)が下記になります。(PDF版はこちら

高校3年生まで入院・外来をサポートしているところもあれば、外来は中学3年生までのサポートになるところも。さらに所得制限があったり、自己負担金額なしだったり。自治体ごとに支援制度は全く異なります。

詳しくは、各市町村の窓口へお問合せください!(※窓口一覧はこちら

移住に関するお問合せは、いばらき暮らしサポートセンターで承ります。
お気軽にお問い合わせください♪

〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8階
ふるさと回帰支援センター内
いばらき暮らしサポートセンター (茨城県相談員 藤岡)
TEL  080-9552-5333
MAIL  ibaraki@furusatokaiki.net
時間: 10:00〜18:00
休日: 月、水、祝日

いばらき暮らしサポートセンター 相談員

内藤

プロフィール

大学卒業後に複数の金融機関に31年間勤務後父の介護のため離職、その後認可法人に勤務。金融機関在籍中に茨城県水戸市に居住。仕事で茨城県内の全エリアを回る。茨城県の人たちとのふれあいを通じ茨城県に魅力を感じ茨城愛に目覚め、茨城県のために働きたいと想い、2021年8月より「いばらき暮らしサポートセンター 」相談員となる。

相談員から一言

茨城県は、面積は全国第24位ですが、可住地面積では第4位、1住宅あたりの敷地面積は全国No1!東京に近いのに、ひろびろとした住環境で、ゆとりある暮らしを送ることができます。太平洋沿岸に面した海との暮らし、豊かな自然環境での里山暮らし、都市との二居住など、様々な暮らしがある茨城県。茨城県であなたの描く暮らしを実現させることができるかもしれません。
まずは、いばらき暮らしサポートセンターへ相談をしてください。茨城県と少しでもつながるきっかけになればいいと思います。