地域のトピックス

佐賀県発・自然と人と食を守る映画「てっぺんものがたり」が公開されます

野田尚之監督による映画「てっぺんものがたり」。中山間地域を舞台に、人は自然に守られているんだという事を再認識させてくれます。

【中山間地域とは】 農林水産省HPより
山間地やその周辺の地域をはじめ、その他地勢などの地理的条件が悪く、農業生産条件が不利な地域をいい、農林統計上用いられている地域区分のうち、中間農業地域と山間農業地域を合わせた地域を指します。山地の多い日本では、このような中山間地域が総土地面積の7割を占めています。この中山間地域における農業は、全国の耕地面積の約4割、総農家数の約4割を占めるなど、わが国農業の中で重要な位置を占めています。

映画「てっぺんものがたり」について

【監督:野田尚之さんよりメッセージ】
多忙な都会での生活では気付かない、本来当たり前だった自然との関わり。
人間すら自然の一部として暮らす“中山間地域”は苦労も多い分、神々しい情景や豊かな実りに恵まれた、とても魅力的な場所でもあります。
農村部の中でも特に存続の危機に陥っている“中山間地域”の魅力をもっと広く知ってもらいたい!そんな映画を創るプロジェクトにぜひご協力をお願いします!
『農業なんて関係ないよ』そう思っている方も多いと思います。
私自身5年ほど前まではそう思っていました。でも近い将来、日本の農業人口は確実に減っていくことが分かっています。
実際にその現実を目の当たりにした時、それでもあなたは何も感じずにいられますか?
現在、私は30年以上住んだ東京から九州の中山間地域に移住して、都会では想像もできないほど豊かな自然に囲まれて暮らしています。
実際に住んでみて、自然と向き合い、人と寄り添い「生きていく」ことの尊さを感じました。

でも、近所の農家のおじいちゃんたちは皆口々に「10年後は誰も(農業)やっとらんよ」と・・・。
こんな会話、東京にいるときに想像すらできませんでした。

都会に住んでいる方にこそ、是非ご覧いただきたい映画です。
「こんな景色、見てみたい!」「絶品のお茶を飲んでみたい」少しでもそう感じたら、是非見に来てください!体験してください!
毎日の食卓から美味しいお茶やお米が消える日は遠くないのです。

協力していただける方を募集をしています!

この映画制作にあたり、応援のクラウドファンディングを実施しておりました。
但し、クラウドファンディング自体は終了しておりますので、もしご協力頂ける方がいらっしゃるようでしたら"協賛"という形でお願い出来ましたら幸いです。
下記メールアドレス、野田尚之さんまでご連絡くださいませ。
nao@adonoan.com

映画の公開日が決まりましたら、改めてお知らせいたします。

さが移住サポートデスク 移住コーディネーター

矢野・髙山

プロフィール

矢野:佐賀県佐賀市で小・中・高校の12年間を過ごす。福岡の短大に進学後、ワードプロセッサのインストラクタとして勤務。結婚を機に夫の東京転勤にともない千葉県浦安市民に。2人の子育てをしながら、IT関係に従事。2016年7月より「さが移住サポートデスク」の移住コーディネーターとなる。

髙山:佐賀県のお隣、久留米市出身。旅行・観光関係に従事し、佐賀県限定の仕事も佐賀在住で4年、東京在住で2年、計6年と佐賀にどっぷり浸かる。地域活性化やまちづくりに活躍する市・町やNPO法人とも、観光資源の開発や販路拡大のため一緒に取り組む。移住は移住される皆様にかかわる重大な課題。気を引き締め、的確に信頼できる情報を迅速に届けたいと思い2021年5月相談員として着任。

相談員から一言

矢野:都心に近い場所で子育てをしてみて、思い出すのは佐賀市で過ごした幼少期。きれいな川で魚をとったり、れんげ畑で花飾りを作って時間の経つのも忘れて遊んだ日々。高校卒業30周年イベントで久しぶりに帰った佐賀は、きれいな街にはなってはいたものの、まだ自然がたっぷり。こんな場所で子育てできたら、という思いを改めて強くしました。福岡、長崎へのアクセスも便利で、教育にも熱心な佐賀県。多くの海、山の名産品と奥深い文化・芸術を是非皆様にお伝えしていきたいと思っています。

髙山:佐賀県は玄海灘と有明海に面し、広大な佐賀平野と県中央部には東西に連なる背振山、自然豊かな海・山・大地が広がっています。また半島や大陸に近いので、いち早く国際的な文化・産業に接してきたことで、現在の産業発展や先進的な地域づくりにつながっています。その素晴らしさは、旅行ではなかなか味わい尽くせません。是非多くの方に「さがある暮らし」を実現していただけるよう、的確に信頼できる情報を迅速に届けたいと思っています。私が感じた「日常生活の中にある佐賀県の魅力」をお伝えすることで、佐賀での素晴らしい生活につなげていただきたいと思います。