地域のトピックス

経験者が思う、地域おこし協力隊応募前に考えたいこと 後編

経験者が思う、「地域おこし協力隊応募前に考えたいこと」第2弾です。
前編はこちら

うっかり「前編」としたために、「後編はまだ?」と催促され、ああ読んでいる人がいたんだなと慌てました。
これから応募を考えている人、着任前の人も含めて、ちょっとでも役に立てばと思い書いてみます。

確認したい!協力隊の働く環境

ここは簡単に2点だけ「確認しておきたいこと」をお伝えします。

1.協力隊の先輩または仲間または外部アドバイザーがいるか
2.副業OKかどうか
ということです。

一つ目は、孤独にならないためです。相談できる相手がいないと色々行き詰ってしまいます。
相談相手が地元の人や役所の人だけだと、立場や背景が違うので解決が難しいことがあります。
また、自分が悩んでいることは、同じく外から来た人が既に悩み、そして解決しているかもしれません。
別の選択肢や正しい方向性を提案してもらえることもあります。
とにかく、地域の外を知っていて、地域で活動する苦労を体感している仲間をつくりましょう。「近隣地域にいる協力隊員」「数年前に移住してきた方」などでも良いと思います。

二つ目の副業は、3年の任期後のために重要と思われることです。
任期後に独立するつもりなら最も大切である、起業に向けた準備のため。
そうでなくても生活力をつけるため、商売の勉強のためにも協力隊活動以外のナリワイを作ることは重要です。

もともと地方では様々な仕事を組み合わせることが自然に行われていますよね。
例えば、本業は会社員+兼業で農家。建設業+消防団+除雪作業員。夏は観光業、冬は杜氏など。

そうはいっても制度上、副業NGとしている自治体が多いのが現状です。
そのような場合には、
・ボランティア(または利益を追求しない形)で新しいことをやってみる
・研修として他団体の活動に取り組む(協力隊には研修制度があります)
・まずはプライベートで取り組み、うまくいったら業務として認めてもらう
など色々な方法があるかと思います。

協力隊の給料で生活していけるか問題

「3年後の進路」に並んで疑問に上がるのが、生活費のこと。
正直に言うと、やる気や労力、もしくはスキルに対してお給料が見合わない!安い!と思うことはあるでしょう。
しかし、協力隊のベース賃金である「16万6千円」は普通に地域で生きていくために十分な収入である、という見方もできます。

理由は二つあって、まず給与相場の低い地方では比較的悪くない条件だということ。
事務系フルタイムで手取り10万円...といった話はよくあります。(※地域によります)

理由の二つ目は、収入が少なくてもコストも少ないということ。
例えば募集条件として
・自動車とPCは貸与
・家賃は活動経費から拠出(つまり自己負担なし)
といったことも多いです。
都会で企業勤めだと収入の3分の1くらい家賃で持っていかれるところ、ゼロになるのはありがたいですよね。

具体的なイメージがわかない方は「地域おこし協力隊 家計簿」や「給料」で検索してみましょう。
過去の隊員のリアルな状況を見ることができます。

さらに、過去協力隊だった私の2年目の例を参考までに記してみます。

協力隊(当時23歳独身女性)の家計簿晒してみた

《前提として》
2013年当時では珍しかったケースですが、私は市役所と雇用関係のない協力隊でした。
市役所が個人事業主に協力隊業務を委託している という形です。
年金や健康保険などは自分で払う必要がありますが、その分副業は自由。出身大学の研究スタッフをさせてもらっていました。毎月の固定給です。
家賃(水光熱費含)や通勤ガソリン代は協力隊の活動経費から。PCや自動車は自前でした。
なお住んでいた富士吉田市は、東京から車で1.5時間の小規模な地方都市です。(スーパーや衣料品店がそれなりにあり、超田舎ではない)

【収入】協力隊+副業 計¥197,000
【支出】¥156,000
【差引】¥41,000

結構貯金できそうですよね。実感ではこんなに余っていた気がしないのですが…
上記以外の支出として、実家への帰省(3万円×年2~3回)、冠婚葬祭(3~5万円)、親への借金返済、冬の灯油代、車検代(1回10万円...)などがあります。
月々では、仮に副業が無かったとしても、交際費を抑えればもっと余裕が出てきそう。
しかし仲間や地域の人と過ごす時間は他に代えがたいものでした!

もっと上手にやりくりしている方もたくさんいらっしゃると思うので、参考程度にご覧ください。

長くなりましたが、皆様が素敵な地域と出会い、活躍されることをお祈りします!

移住や地域おこし協力隊のご相談はお気軽に、やまなし暮らし支援センターまで。
また、山梨県の協力隊求人一覧は「やまなし暮らし手帳」の記事にて随時発信しています。ご興味があればぜひ。

やまなし暮らし支援センター 移住専門相談員

齋藤

プロフィール

山形県鶴岡市出身。首都圏の大学に進学し、研究活動で出会った山梨県富士吉田市へ地域おこし協力隊として2013年にIターン。移住者・地域住民と共に情報発信やイベント運営、定住促進センター発足等に携わり、東京のWEB系企業を経てふるさと回帰支援センターへ入職。2019年8月よりやまなし暮らし支援センターの相談員を務める。

相談員から一言

「都会に近く、自然に近い」山梨県。都心からJRで最短60分という近さながら富士山・八ヶ岳・南アルプスをはじめとする自然が身近にあります。市街地に住んで休日はアウトドア三昧、農山村でしっかり田舎暮らし、首都圏への通勤・二拠点生活など様々なライフスタイルが実現可能。ものづくりや観光、農業など働き方の選択肢の広さ、子どもがのびのび遊べる環境も魅力です。やまなしで暮らしてみたい皆様のお越しをお待ちしています!