地域のトピックス

[雲仙市] クリエイティブな移住を考える現地ツアーレポート

雲仙市小浜で実現したい「半D半X」のすすめ

2019年12月17日、長崎県雲仙市にある小さな温泉町「小浜町(おばまちょう)」から、さまざまなジャンルで活躍するクリエイターをゲストスピーカーに迎え、AXISと雲仙市の共催で行った「雲仙⇄東京 クリエイティブな移住を考えるトークイベント」。長崎空港からバスで約2時間という、決して便利とは言えないのどかな温泉地で、デザインの仕事(D)と、地方でこそできること(X)を両立させながら豊かに生きるクリエイターたち。まさに「半D半X」を実践する生活とはどのようなものなのか。「仕事はあるの? 生活できるの?」。そんな疑問に答えるべく、彼らの移住への経緯や仕事、日々の生活ほかリアルな内容で構成されたトークイベントでした。

それから年が明けた2020年1月18日・19日に、実際に雲仙市小浜町を訪れるツアーが実施されました。それはまさに、クリエイターたちの仕事場や暮らしをその目で確かめるものに。主に首都圏からデザイナー、大学教員、建築家、学生などクリエイティブな仕事に関わる、関わりたい参加者たち十数名が集まった現地ツアーのレポート記事をご紹介いたします!

●現地ツアー前編
まちを歩いて巡り、クリエイターたちの仕事場や暮らしをその目で確かめる。

●現地ツアー後編
クリエイターのスタジオに加え、農家や漁師といったさらに多様な人々が集った交流会の模様。

ながさき移住サポートセンター 移住相談員

藤原

プロフィール

長崎県長崎市出身。高校卒業まで長崎市内で過ごす。就職を機に東京へ上京。化粧品販売や事務職を経て2021年4月より「ながさき移住サポートセンター東京窓口」で相談員を務める。
地元長崎のサッカーチーム「V・ファーレン長崎」が大好きで、サポーターをしています!

相談員から一言

長崎県は美しい豊かな自然と異国情緒あふれる街です。美しい景観、離島の自然の豊かさと美しさ、人の温かさを感じられる長崎で「自分らしい暮らし」見つけてみませんか?少しでも長崎が気になったらぜひ一度センターへお越しください!お待ちしております。