地域のトピックス

【佐伯市】さいきで暮らし始めたひとびとの体験談のご紹介です

見つけた目標。繋がる、繋げてくれる人

大分県佐伯(さいき)市に移住した、早川光樹さんの体験談です。

神奈川県からお父さまの故郷・佐伯で暮らすことを選んだ早川さん。
大学4年生の時に就職先を探していたところ、今のお仕事である「道の駅かまえBuriLaboratory」の運営の公募を見つけ、応募することに。そして見事、採択され、道の駅の運営を任されることになりました。魚にかかわるお仕事ですが、意外にも、もともと魚は好きでなかったとか。それがあることをきっかけに、魚の美味しさに気づき、佐伯へと繋がっていきました。

「やりたいことがあれば、佐伯の人は熱く良い人が本当に多いので、きっと繋げてくれます。」とおっしゃる早川さんの目標は、蒲江・佐伯が元気になること。
人が集まる場所にするのを志す早川さんのお話の詳細を、ぜひこちらからご覧ください!

 

移住者向けポータルサイト「さいき暮らしな日」の「ひとびと」のコーナーでは
移住者としてさいきで暮らし始めたみなさんの体験談をご紹介しています。
佐伯市移住・定住促進ポータルサイト さいき暮らしな日

おおいた暮らし 相談窓口 移住コンシェルジュ

砂田

プロフィール

神奈川県鎌倉市生まれ。大分県出身の夫の転勤により2年間の海外暮らし。帰国後は秘書や大分県東京事務所での観光案内の仕事を経て、移住コンシェルジュに着任。

相談員から一言

海あり山あり温泉ありの大分県。名前の知られた観光地ばかりでなく、多様な地形と気候、豊富な種類の食材などによって、各地に魅力が散らばっています。
おおいたでの新しい暮らしの第一歩を踏み出してみようかなと思ったら、お気軽に立ち寄ってみてください!