地域のトピックス

第5回 移住者交流会を直島町で開催しました!

2月22日(土)に、直島町で「第5回移住者交流会」が開催されました。
今回は、うどん打ちのワークショップを通しての交流会でした。
直島町副町長の見守る中、参加者の皆さんと多くのちびっ子たちが初めてのうどん打ちを楽しみました。
直島町民の講師「三田かあさん」のレクチャーで、小麦粉を①こねる②踏む③延ばす④切る⑤茹でる⑥食べるという流れでうどん作り体験を楽しみました。

他にも ”たこ飯” を作ったり、”押しずし” や ”さつまいものうま煮”、郷土料理の一つ ”まんばのけんちゃん” など囲んで交流を深めました。

食事の後は、「三田のかあさん」が講師となり、避難所での毛布の使い方やはがれない絆創膏の貼り方講座を行いました。島での暮らしは応急処置などの情報や経験があると安心だと思います。また、地域と交流を持つことで、助け合い精神も生まれてきます。
命に直結する応急処置の講習会は、有意義なものになったのではないでしょうか。

全員で写真撮影の後、お開きとなりました。

直島町
NAOSHIMA COLORS/直島カラーズ
香川県

かがわ暮らし
ふるさと回帰支援センター

うどん県・香川暮らし相談コーナー うどん県移住交流コーディネーター

藤田

プロフィール

香川県琴平町出身。高松市で就職後、家族の転勤で関東に引っ越す。同窓会をきっかけに故郷への思いが噴き出し、「香川県にかかわる仕事がしたい!」と思い、2018年9月より「ふるさと回帰支援センター」内の「うどん県・香川暮らし相談コーナー」にて相談員を勤める。

相談員から一言

香川県は、日本で一番面積が小さな県ですが、自然災害も少なく、温暖な気候でとても暮らしやすい場所です。病院やショッピングモールも県内にくまなく点在しているので、どの地域に住んでも「田舎暮らし」と「地方都市暮らし」を安心・安全に満喫することができます。まだまだ魅力ポイント満載の香川県の素晴らしさをご案内致しますので、是非うどん県・香川暮らし相談コーナーへお越しください!