地域のトピックス

【北海道深川市】移住支援員の募集!

深川市の移住コンシェルジュよりお知らせが届きました!
=====

農業を基幹産業とする深川市は、「暮らしやすい」が評判のまちです。

(株)宝島社が毎年発表する『日本「住みたい田舎」ベストランキング』では、北海道エリアにおいて、3年連続でTOP3を達成。過去10年間の移住者数は、312人(120世帯)にもなります。

この移住者に大人気の深川市では、移住を希望する人を支援してもらえる人材を募集いたします。

移住支援員の仕事の魅力は次の3つです。

1つ目は、たくさんの人との出会いがあること。
2つ目は、移住という夢のお手伝いをできること。
そして、3つ目は、移住を通して地域の活性化に貢献できることです。

都市圏で開催される移住相談会の参加、移住セミナーの開催、移住ツアーの等の企画、移住者との交流会の開催など、移住支援員の仕事はとてもやりがいのある仕事です。

【募集要項】
①雇用形態:深川市会計年度任用職員(非常勤職員)
②雇用期間:令和2年4月1日~
③募集人数:1名
④勤務時間:8時45分から16時30分(7時間/日)
⑤給与等:月額報酬:179,200円(期末手当:月額報酬×1.3倍、年2回)

皆さまのご応募お待ちしております!

◆参考サイトはこちら

【お問い合わせ】
深川市移住定住サポートセンター(仲西)
TEL0164-26-2627

北海道ふるさと移住定住推進センター「どさんこ交流テラス」相談員

大貫

プロフィール

神奈川県川崎市出身。小学生のときに北海道まで自転車で旅行をして以来北海道ファンに。大学卒業後は、関東で広告会社に勤務。2016年11月より「ふるさと回帰支援センター」内の「北海道ふるさと移住定住推進センター どさんこ交流テラス」にて相談員を務める。

相談員から一言

北海道の最大の魅力は、食・自然・人!北海道の市町村は全部で179。圧倒的広さを誇る北の大地には個性豊かな市町村がたくさんあります。北海道だからこそできる豊かな暮らしをぜひお楽しみ下さい。ご興味のある方は是非どさんこ交流テラスへお越し下さい!