地域のトピックス

自称日本のエーゲ海!?和歌山県海南市大崎地区が移住ガイドを創刊!

県庁所在地・和歌山市に隣接する海南市。
下津町大崎地区は、市中心部から車で約20分、自然が作りだしたU字型の大崎湾の湾口に沿って人々が暮らしを営む港町です。

毎週土曜に営業する直売所「げんき大崎館・かざまち」は、地元で水揚げされた鮮魚や、地元のお母さんお手製のお惣菜などが販売されます。地域外からのお客さんが多く、オープン30分で売り切れてしまうこともあるそう。

最近では、地域おこし協力隊を2名受け入れ、移住者のサポートにも取り組みはじめました。
今回創刊された移住ガイド『かざふく』にも協力隊の女性が登場します。
冊子からは港町の磯の香りが伝わってきて、とてもウキウキしてしまいました。
創刊号とのことなので、次号が今から楽しみで仕方ありません。
ぜひ、皆さんに手に取ってご覧頂きたい1冊です♪

--------------------------------------
\わかやま暮らしのご相談は、わかやま定住サポートセンターまで/
☎03-6269-9883 ✉wakayama1@furusatokaiki.net(月曜・火曜・祝日定休)
和歌山移住ポータルサイト【WAKAYAMA LIFE】もご覧ください。

わかやま定住サポートセンター 移住アドバイザー

宮地

プロフィール

和歌山県和歌山市出身。高校卒業までを和歌山県で過ごし、県外の大学に進学し、2013年4月、Uターンで和歌山県庁入庁。2018年4月から移住アドバイザーに就任のため上京、和歌山を恋しがりながら、東京生活を送っている。もちろん、みかんは大好き。

相談員から一言

海、山、川、雄大な自然にかこまれた和歌山県。意外とアクセスも良いんです!豊富な資源、温暖な気候、あったかい人、美味しいごはん・・・すてきな「WAKAYAMALIFE」を送りませんか。たくさんの力強い味方があなたの移住をサポートします♡