地域のトピックス

【満員御礼!キャンセル待ち】会津若松市“移住縁結びツアー”

会津若松市は、豊かな自然に囲まれ、鶴ヶ城に代表される
歴史・文化・伝統が息づく城下町。
それでいて、買い物や医療機関には困らない“ほどよい田舎”です。
そんな会津若松市でステキな出会いを見つけませんか?

申し込みが定員に達しました!
キャンセル待ちを希望される方は下記までご連絡ください。

会津若松市定住・二地域居住推進協議会
(会津若松市役所地域づくり課内)
電話:0242-39-1202
メール:shinko@tw.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp

◆開催日
2020年2月15日(土)・16日(日)

◆募集人数
女性12名/男性12名 ※最少催行人数は男女各5名

◆参加対象
女性 : 福島県外在住で、会津若松市の暮らしに興味がある25~45歳の独身の方
男性 : 会津若松市在住で、25~50歳の独身の方
※男性は事前セミナーにご参加いただきます

◆旅行代金
女性 : 10,000円(東京⇔会津若松間往復交通費、食事代、宿泊費、入場料等込)
男性 :   5,000円(食事代、入場料等込)

◆宿泊
ホテルニューパレス(1名1室利用)
※宿泊は女性のみとなります

◆出発/解散
JR新宿駅/バスタ新宿

◆スケジュール

◆ツアー詳細
詳細は「会津若松市移住縁結びツアーチラシ [PDFファイル/5.04MB]」をご覧ください。

福が満開、福しま暮らし情報センター 相談員

新妻・佐藤

プロフィール

新妻:高校卒業までを富岡町で過ごす。大学入学と同時に上京し、都内で就職。高校生の進路行事を企画運営する企業、個人住居リノベーションのコーディネート、司法書士事務所事務を経て2018年4月より福が満開、福しま暮らし情報センターの相談員に。

佐藤:高校卒業まで福島県南相馬市(旧原町市)で過ごす。大学卒業後、大手百貨店に入社し、企画・宣伝・広報業務を中心に36年間勤務。2019年11月より、ふるさと回帰支援センター内「福が満開、福しま暮らし情報センター」の移住相談員として勤務。

相談員から一言

新妻:福島県は奥羽山脈と阿武隈高地の山並みを境に、会津地方・中通り・浜通りの3つエリアに分かれています。その地形から、それぞれが気候も歴史も暮らしも異なる大きな県です。雪、里、山、海…など、ご自身に合った理想とする暮らしがどこかできっと適えられると思います。福島の人は粘り強く親身で心根は熱いです。そんな福島が気になった方は一度センターへお越しください!

佐藤:今まで日本中いろいろな場所で暮らしましたが、どこも素晴らしいところばかりでした。
そんな中でもふるさと福島は四季の移り変わりがとてもはっきりしているところだと思います。
山々の景色・鳥たちの声・満天の星空・果物の豊富さ・旬の魚・空気の匂いなど、四季の変化を感じるものが盛沢山です。ぜひ福島に来てご自身で福島の魅力に触れてください。