地域のトピックス

12月11日【水】地域おこし協力隊合同募集セミナーに「光市」が参加します。

本年度最終回の「第3回地域おこし協力隊合同募集セミナー」に、光市が参加します。

地域おこし協力隊合同募集セミナー・・・詳細はこちらhttps://www.iju-join.jp/cgi-bin/recruit.php/4/detail/38591
◆12月11日(水曜日)18:30~21:00
◆移住・交流情報ガーデン(東京駅八重洲中央口から、徒歩4分)

室積伊保木地区を盛り上げてくれる方を募集しています。

詳細はこちら→http://www.city.hikari.lg.jp/chiiki/okoshi/ioki.html(光市地域おこし協力隊ページ)

<山口県の地域おこし協力隊情報>
山口県では、2019年12月5日現在、9市1町において協力隊員を募集中です!

◆下関市 https://www.iju-join.jp/cgi-bin/recruit.php/9/detail/20620
【豊田地区】1次産業の魅力発信及び担い手の発掘/ 【豊浦地区】川棚温泉街のにぎわいづくり、をテーマとした自由提案による活動

◆宇部市 https://www.city.ube.yamaguchi.jp/machizukuri/uij/chiikiokoshi_bosyuu4.html
西日本屈指の大茶園でのお茶の生産(農作業・荒茶工場での労働)等のほか、 SNSやフェイスブックによる情報発信など

◆山口市 https://www.iju-join.jp/cgi-bin/recruit.php/9/detail/37515
動画やウェブサイト等による南部地域の情報発信のほか、地域の団体や住民、大学と連携したイベントの企画運営など

◆萩市 https://www.iju-join.jp/cgi-bin/recruit.php/9/detail/19214
活動地域でのコミュニティ活動支援や情報発信活動のほか、下記のいずれかのミッション
①地域の特性を生かした高校魅力化に関する活動 ほか
※令和2年4月1日以降
②阿武川ダム湖を活用した交流人口増加に関する活動 ほか
③萩・明倫学舎を活用した観光振興に関する活動 ほか
④地域の空き家活用と定住人口増加に関する活動 ほか
⑤佐々並地区の観光資源を活用した交流人口増加に関する活動 ほか

◆光市 https://www.iju-join.jp/cgi-bin/recruit.php/9/detail/38682

伊保木地区のコミュニティ団体と協力・連携した活動(コミュニティプラン〔メインテーマ:農地の有効活用〕に係る実現支援 など)

◆長門市 https://www.iju-join.jp/cgi-bin/recruit.php/9/detail/38266

やきとりのまち長門の情報発信や、焼き鳥技術の習得及び店舗運営技術の習得に関する活動 など

◆周南市 https://www.iju-join.jp/cgi-bin/recruit.php/9/detail/35066

須金地区の交流人口の増加や地域所得の増加、また、地域拠点施設『ふれあいプラザ須金』の活性化(機能強化)につながるプロジェクトの立ち上げと、地域住民と一緒になった当プロジェクトの実践

◆山陽小野田市 https://www.iju-join.jp/cgi-bin/recruit.php/9/detail/37621

川上地区の営農組合での農作物の栽培管理や接客対応のほか、地域活動の補助や地域資源の活用や情報発信など

◆和木町 https://www.iju-join.jp/cgi-bin/recruit.php/9/detail/24030

特産品の開発や町民との交流・協働、SNSを活用した和木町のPRなどにより、にぎわいづくりを支援

◆阿武町 https://www.iju-join.jp/cgi-bin/recruit.php/9/detail/38842

自伐型林業の施工技術や森林経営の基礎の習得のほか、森林資源の活用等

※山口県の地域おこし協力隊に関して詳細は、以下のホームページもご参照ください。
https://www.ymg-uji.jp/working/supporter/

やまぐち暮らし東京支援センター 移住相談員

平尾・木村

プロフィール

平尾:山口県周南市出身。高校卒業までを山口で暮らす。結婚を機に東京下町へ。山口が大好きすぎて、東京でも、山口の野菜などを月に一度販売。2016年5月から「ふるさと回帰支援センター」内の「やまぐち暮らし東京支援センター」にて、移住相談員(YY!ターンソムリエ)をつとめる。1男1女の母でもあるので、ファミリー移住も応援!

木村:山口県光市出身。光市と周防大島町の大自然の中で育ち、大学から東京暮らし。前職は地図と観光ガイドブックの出版社に勤務し、地図編集や観光プロモーションの提案・製作に従事。地方の可能性とふるさとへの懐かしさを感じ、人生の後半戦は地元のために仕事したいと思い現職に。休日はランナー。走った後のビールは最高!

相談員から一言

平尾:山口は、海あり山あり、程よい都会あり。水や土が良いから、お野菜・お魚・お米どれも本当に美味しいです。移住される方も年々増えており、今年は「やまぐち移住倶楽部」も発足!移住の先輩たちが、移住後の暮らしをサポートしてくれますよ。やまぐち暮らし東京支援センターでは、山口に住む素敵な方々をどんどん紹介しますので、ぜひ、一度遊びにいらしてください!

木村:山口県の良さは、「夢を実現できる場所」。鉄鋼、化学、自動車、鉄道車両などの日本を支える“ものづくり”、県のまわり三方の天然いけすと温暖な気候と地形が育む“自然の恵み&美食”、そして、日本の歴史に名を刻んできた“常に時代を先ゆく文化を育む地域力”は、皆さんの人生を豊かにしてくれる舞台です。人・モノ・自然・伝統を尊び、そして、少しばかりおせっかいな県民性の『やまぐち』を感じてみてください。おいでませ!