地域のトピックス

“こんな新潟なら帰りたい”を語り合う『にいがた若者座談会』スタート

主役は新潟出身の若者です!

新潟県出身で首都圏在住の若者の皆さま、最近、故郷・新潟のことを少し気になりませんか?
県内出身の若者が集まって、僕たち・私たちが帰りたいと考える新潟像を語り合い
交流して盛り上がる『にいがた若者座談会』がスタートします!

故郷・新潟でも人口減少が進んでいます。県外で暮らす新潟県出身者にぜひ新潟で戻ってきてほしい!(けれども若者にもいろんな事情がある・・・)

同時に、新潟でも・新潟だからできるライフスタイルがあるなら
そんな暮らし方・働き方をサポートするために必要なことは何なのか?
新潟県は本気でそんなことを考えています。

にいがた若者座談会は、「こんな新潟なら帰りたい」をテーマに
暮らしたい・働きたいと思う理想の新潟像を本音で語り合う
故郷・新潟を共通に持つ若者たちの交流会です!

そして、座談会で語り合われた様々な「こんな新潟なら帰りたい」への想いは、
新潟暮らしの魅力アップへのヒントとして活用したいと考えています。
我こそは!と考える新潟出身の若者のみなさま、ぜひご参加ください♫
若者のライフスタイルに合った新潟暮らしとは何か・・・・
そんな観点から、8月に開催したキックオフイベント等で出た意見やアイデアをきっかけにしてもらって
「こんな新潟なら帰りたい」を語り合って交流しましょう!

仕事・働き方に関することから首都圏での新潟暮らしのPRに関することまで、色々なアイデアに対する、良い・悪い、もっとこうした方がいい!新たにこんな取組があってもいい!など、自由で率直な本音を期待します♫

[日時]
令和元年12月1日(日) 14:00~17:00(受付13:30~)

[会場]
DIAGONAL RUN TOKYO イベントスペース
東京都中央区八重洲2丁目8-7 福岡ビル4F
・JR東京駅 徒歩約9分
・JR有楽町駅 徒歩約7分

[対象者]
首都圏在住で新潟県出身の20~30歳代のみなさま、市町村の担当職員等 総勢50名程度

[プログラム(予定)]
・14:00~ スタート(オリエンテーション)
・14:30~ 座談会(前半)
・16:00~ 休憩(交流タイム!)
・16:30~ 座談会(後半)
・17:00  終了(予定)
※終了後に場所を変えて懇親会を行います(^^♪ ここでも交流して盛り上がりましょう!

[参加費]無料
※懇親会に参加する方は参加費が必要です。(懇親会参加費については別途お知らせします。)
※会場までの往復交通費はご負担ください。

[主催]新潟県(県民生活・環境部 新潟暮らし推進課)
(イベント企画・運営:㈱新潟日報事業社)

[参加申込方法]
・11月22日(金)までに参加申込フォームからお申し込みください。
⇒参加申込みフォームはこちら(にいがたU・Iターン総合サイト/にいがた暮らしへリンクします)
・いただいた個人情報は、本イベントに関すること以外に使用しません。
・参加申込多数の場合は、受付を締め切る場合があります。
・お問い合わせ ㈱新潟日報事業社
Tel025-383-8010(平日9:30~17:00)
mail:za@nnj-net.co.jp

*+::☆*+::☆*+::☆*+::☆*+::☆*+::☆*+::☆*+::☆*+::☆*+::☆*+::☆*+::☆*+::☆*+::☆*+::☆*+::

にいがた若者座談会は、故郷・新潟を想う若者(20~30歳代)の
参加を待っています!

にいがた若者座談会に参加できるのは、新潟に帰りたいと積極的に思っている人だけ?
(違います)
例えば、以下のような方にもぜひ参加してください♬

★首都圏在住の新潟出身の知り合いがほしい。同郷の人とたちと話がしたい。
★上京してから○○年、よくわからないモヤモヤ感がある。
新潟に帰ろうかな、でも帰れない、今じゃない。
★東京の暮らしは楽しくて充実している。けれども、いつかは新潟に帰る「かも」しれない。
(でも、ぼんやりとそう思うだけ)
★新潟にはこの先ずっと帰るつもりはないけど、新潟をよくするアイデアならある!
★何でもいいから新潟の役に立ちたい! などなど

にいがた若者座談会キックオフイベントを開催しました!⇒こちら

新潟出身の若者の皆さま、ぜひご参加ください(^^

にいがた移住支援デスク・ココスムにいがた にいがた暮らしコーディネーター

本間

プロフィール

新潟県柏崎市出身。高校卒業後、新潟県内・東京都内・埼玉等に在住。新潟県と関東圏を行き来し生活した経験を生かし地元に貢献したいと考えるようになり、2019年8月より「にいがた移住支援デスク・ココスムにいがた」移住相談員をつとめる。

相談員から一言

新潟県は東京まで新幹線で約2時間ほどと、便利な環境ながらも、「夏の海の綺麗さ」や「冬の雪を被った綺麗な山並み」など四季の移ろいがはっきりと感じられる、自然豊かなところです。一方で、日本海側最大の都市もあり、色々な移住の可能性があるところも特徴だと思います。お米もお酒もお魚も新鮮でおいしいですが、なんといっても「人の面倒見の良さ」「あたたかさ」が一番の魅力だと思います。移住を考えた時、地元に戻ってみたくなった時まずはお気軽にお越しください。お話しながら一緒に叶えたい暮らしを考えていきましょう。