地域のトピックス

食欲の秋、山梨ワインの秋。

こんにちは。やま暮ら齋藤です。
突然ですがみなさん、ワインの「旬」っていつだかご存知ですか?



実は明確に「旬」というものはなくて、お好みの熟成具合で召し上がっていただければ良いんですが(笑)、
その年の新酒が解禁されるのは11月。(ボジョレーヌーヴォーが有名ですよね)
つまり毎年秋には、仕込みたてのフレッシュなワインを味わうことができます。

山梨では、11月3日を「山梨ヌーボー」解禁日としています。
毎年この日には新酒を祝う山梨ヌーボー祭が日比谷公園で開催されているんですよ!

というわけで行ってまいりました!

前売り券2200円を購入して入場すると、10杯試飲することができます。
え!10杯?!
最初の方の味を忘れてしまいそうです。

白ワインとひとくちに言ってもさっぱり飲みやすいものや複雑な香りのものがあり、
赤でもブドウの甘さが感じられるもの、そして色も素敵なすっきりロゼなど
個性豊かな約60銘柄がずらり。。文字通り酔いしれてしまいました。
おつまみももちろん、地元のハムやソーセージ、鳥モツ煮などたっぷり満喫。

11月16・17日には山梨会場として、甲府の小瀬スポーツ公園にて開催されます。
今週末はワインツーリズムやまなしという、蔵をめぐる催しもあるなど
まさにワインの秋というべき盛り上がりを見せております。

ちなみに山梨県内では「一升瓶」でワインを飲みます。普通にスーパーに売っています。
(少し前にケンミンショーで紹介されましたね)
まるで紙パックの日本酒を飲むがごとく、コップでワインをごくごく。。

そんな"日常"にワインがあるやまなし暮らし。
日々のお食事にとりいれるところから始めてみてはいかがでしょうか?

やまなし暮らし支援センター 移住専門相談員

宮崎・長島

プロフィール

宮崎:北海道苫小牧市出身。小学校2年生の冬、父親の転勤に伴い横浜と東京に居住。東京で就職し、34年間一貫して電子回路設計業務に従事する。定年前に退職し、2021年7月より「やまなし暮らし支援センター」の相談員として着任。

長島:群馬生まれの大分育ち。大学進学を機に上京し、卒業後も東京で就職。映画・映像業界、アパレル、家具メーカーで勤務する。前職で富士吉田市周辺へ度々訪れていたこと、山梨出身の友人知人が多いこと、なじみの飲食店が山梨に移転など、なぜか山梨にまつわるエピソードが続いたことをきっかけで興味を抱き、2021年5月より相談員を務める。

相談員から一言

宮崎:6年間、山梨での単身赴任を経験しました。自然、温泉、果物に魅了され、単身赴任が終わっても毎月のように通うようになりました。情報収集に努めて、首都圏から近い山梨の魅力を伝えたいと思っています。お気軽にやまなし暮らし支援センターへお越しください!

長島:山梨県は移住先として人気の場所です。自治体・関係機関と連携しサポートいたします。皆さまの思い描くやまなし暮らし、ぜひお聞かせください。窓口で待っています