地域のトピックス

酒田市ライフデザインツアーに参加して来ました!~3日目~

<ライフデザインツアー3日目>

最終日にまず伺ったのは、LIGHT HOUSE

運営する、日本西海岸計画は酒田市が属する日本海岸に
『日本版シリコンビーチを創る』をコンセプトに開設
1Fにコワーキングスペース、2Fにシェアオフィスがあり
「何かしたい」「やってみたい」という、チャレンジしたい人たちの
コミュニティの場になっています

2階のスペースをお借りし、今回のツアーの振り返りワークショップを行いました
このツアーで得られたことor得られなかったこと、もっと知りたい&聞きたいと思ったこと
などを個人ワーク後に全体でシェアする時間でした

皆さんからは「酒田の魅力を知ることができた」という感想や
「自分自身の譲れない価値観が分かった」という気づき
「単身者のライフスタイルが知りたい」というリクエスト など
それぞれがツアーから得られた自身の振返りを発表しました

皆さんの真剣にワークに取り組む姿勢や、ご自身の言葉で語られる様子から
このツアーが充実した体験であったことが伝わてきました

頭を遣った後は、さかた海鮮市場にある『海鮮どんやとびしま』へ
この、さかた海鮮市場は庄内浜から直送の新鮮な海の幸や食事が楽しめるところ
この日も3連休中ということで、お食事処は長蛇の列!その人気ぶりが伺えました
私たちはお座敷で、豪華な船盛定食をいただきます(注:ピンボケ)

食事の後は、各自市内の散策に出掛け、それぞれの思い出をつくる時間もありました

酒田市を訪れるのは2回目でしたが、今回改めて感じたのは『まちの懐の深さ』でした
北前船で栄え昔から人々を迎えていたまちは、住む人からも居心地の良さを感じました

参加者の皆さん、酒田市の方々、本当にありがとうございました!


Fin

 

やまがたハッピーライフ情報センター」移住コンシェルジュ

小倉・多田

プロフィール

小倉:大学院で工業デザインを学んだ後、全国の商店街の活性化支援に従事。補助金事務局の運営を担当する傍ら、絹にかかわるものづくりを研究。山形が絹と深くかかわっていることから、「やまがたハッピーライフ情報センター」の移住コンシェルジュとなる。

多田:山形県山形市出身。大学卒業後、都内企業に就職、その後山形県にUターン。東日本大震災支援団体、若者支援団体、山形県の移住相談を経て、2020年4月からふるさと回帰支援センター内、「やまがたハッピーライフ情報センター」の移住コンシェルジュに着任。

相談員から一言

小倉:山形の「おいしさ」と「あたたかさ」に魅せられて、県内各地を旅してきました。お米・野菜・果物をはじめ、おいしいものが溢れる山形は、温泉のぬくもりと同じくらい「人のあたたかさ」が感じられる場所です。移住は人生の大きな岐路、山形の「おいしさ」や「あたたかさ」があなたを支えます。お気軽に、山形ブースにお立ち寄りください。

多田:山形県は、気軽にアウトドアを楽しめる自然環境に加えて、大型遊具施設や子育て支援制度が充実しており、安心してゆったりと子育てしやすい環境が人気です。また、すべての市町村に温泉があるため、日常的に日帰り温泉へ行くことができるほど温泉に恵まれた県でもあります。食べ物も全国一の生産量を誇るさくらんぼを始め、果物、お米、海の幸、山の幸など、最高に美味しいものばかりです♪
ちょっとシャイで控えめだけど、世話好きで、優しい県民性も魅力の一つです。
山形での暮らしにご興味のある方は、ぜひ「やまがたハッピーライフ情報センター」に相談にお越しください!