地域のトピックス

古座川町からやってきたコケ。

温暖で多湿な和歌山(特に南部)はコケの生息にピッタリの土地だそうです。
コケマニアのふるさと回帰支援センター事務局長が和歌山県ふるさと定住センター(古座川町)へ出張された際に、地元のスタッフから分けてもらったコケを私も少し分けてもらいました。
程よい日光と新鮮な水分補給が必要不可欠のようです。
デスクでは日光が当たらないので、早々に自宅に持って帰って大切にしたいと思います。
都内のマンションで上手に育てられるか、若干心配ですが…
なんだか、故郷・和歌山で感じたことがある懐かしい香りにとても癒されました。
※山に入るには持ち主の許可が必要です。ご注意を!

和歌山県では、日々のわかやま暮らしの様子やイベント情報をSNSで情報発信しています!
ぜひ、フォローしてみてくださいね♪
→→→ Facebook  Instagram  Twitter

わかやま定住サポートセンター 移住アドバイザー

角田

プロフィール

福岡県北九州市出身。小学校入学のタイミングで和歌山県和歌山市に引っ越し、それ以降、和歌山県内で暮らす。2016年4月より和歌山県職員。「ふるさと回帰支援センター」内の「わかやま定住サポートセンター」に移住アドバイザーとして21年4月に着任。
好きな寿司ネタはマグロ。おにぎりの具はツナマヨが大好き。実はマグロが有名な県で、県の魚に選ばれるほどなんです!

相談員から一言

今、和歌山が熱いんです!2020年には当センターの移住希望地ランキングのセミナー部門で第1位になりました。21年度中に串本町で民間ロケットの発射も予定されており、今、全国的に注目されている熱い県、それが和歌山です。
本州最南端の潮岬がある和歌山は黒潮の影響を受け非常に温暖な気候です。気候が温暖ならば人もあたたかい。そんな和歌山で”和み”暮らしを満喫しませんか?ぜひわかやま定住サポートセンターまでお気軽にお越しください。