地域のトピックス

古座川町からやってきたコケ。

温暖で多湿な和歌山(特に南部)はコケの生息にピッタリの土地だそうです。
コケマニアのふるさと回帰支援センター事務局長が和歌山県ふるさと定住センター(古座川町)へ出張された際に、地元のスタッフから分けてもらったコケを私も少し分けてもらいました。
程よい日光と新鮮な水分補給が必要不可欠のようです。
デスクでは日光が当たらないので、早々に自宅に持って帰って大切にしたいと思います。
都内のマンションで上手に育てられるか、若干心配ですが…
なんだか、故郷・和歌山で感じたことがある懐かしい香りにとても癒されました。
※山に入るには持ち主の許可が必要です。ご注意を!

和歌山県では、日々のわかやま暮らしの様子やイベント情報をSNSで情報発信しています!
ぜひ、フォローしてみてくださいね♪
→→→ Facebook  Instagram  Twitter

わかやま定住サポートセンター 移住アドバイザー

宮地

プロフィール

和歌山県和歌山市出身。高校卒業までを和歌山県で過ごし、県外の大学に進学し、2013年4月、Uターンで和歌山県庁入庁。2018年4月から移住アドバイザーに就任のため上京、和歌山を恋しがりながら、東京生活を送っている。もちろん、みかんは大好き。

相談員から一言

海、山、川、雄大な自然にかこまれた和歌山県。意外とアクセスも良いんです!豊富な資源、温暖な気候、あったかい人、美味しいごはん・・・すてきな「WAKAYAMALIFE」を送りませんか。たくさんの力強い味方があなたの移住をサポートします♡