地域のトピックス

【愛媛県伊予市】移住相談窓口も入る施設がオープンしました

こんにちは。えひめ移住コンシェルジュの松岡です。

本日、伊予市にある古民家「宮内邸」を改修した施設がオープンしました。
宮内氏は江戸時代に伊予市中心部の郡中地区を開発したとされる方。このお屋敷には、全国を測量して歩いた伊能忠敬も立ち寄ったそうです。

新しく誕生した施設の名前は「ミュゼ灘屋」。
イベントスペースのほか、シェアオフィス、和室のスペースがあり、市民が気軽に利用できるそうです。
そして、「ミュゼ灘屋」には伊予市移住サポートセンター「いよりん」が5月から入居予定。
「いよりん」は伊予市の移住ワンストップ窓口として、移住希望者の相談に応じ、市内3地域にある移住支援団体への橋渡しを行ってくれます。

(伊能忠敬測量隊が本陣を置いた和室)
(シェアオフィススペース。実は屋根裏部屋もあるとか…)

県庁所在地である松山市の通勤・通学圏ながら、海と山に囲まれ、自然豊かな伊予市。
JR、私鉄、松山自動車道すべてが通り、交通アクセスの良さは県内屈指です。

「ミュゼ灘屋」は郡中地区にある商店街のなかにあります。
愛媛にお越しの際には、商店街を散策し、趣のある古民家で移住相談を受けてみてはいかがでしょう。

「いよりん」の連絡先については、窓口開設後にお知らせしますので、しばらくお待ち下さい!

えひめ移住コンシェルジュ

松原

プロフィール

愛媛県出身。転職を期に上京。WEBでの就職情報サービス、映像制作会社での事務職を経て、2018年7月より、えひめ移住コンシェルジュを務める。
地方、ライフスタイルに加え、現代アート、オーガニックなどに興味あり。

相談員から一言

瀬戸内海に面している四国・愛媛県。小説のなかの世界みたいと言われるほど、のんびりしたところが多いかもしれません。山あり、海ありのコンパクトシティ。移住者も増え、地元住民と一緒になってつくる面白い地域が増えています。一方で、まだまだ未開の地もあり、それぞれが能力を活かせる可能性があるように思います。趣味の時間も大切に、楽しむことも好きな県民性です。
ぜひお気軽に窓口へお越しください。