地域のトピックス

長野県で人生をもっと楽しもう 多分野で活躍する『一人多役』に注目!

こんにちは。信州に暮らす。楽園信州移住相談センター相談員の高須です。今回はつい先日できたばかりの冊子『一人多役』をご紹介します!

長野県では昔から性別や年齢を超えて仕事や役割を分担してきました。だからメインの仕事のほかに地域活動や伝統工芸、趣味などを組み合わせた「一人多役」型の働き方を実践する達人たちがたくさんいます。冊子『一人多役』では、自動車ディーラー×農業生産法人、カエル館館長×塾講師、長野の祭り支援ボランティア×やさいづくり、多肉ハウス×建築家×アーティストなどなど人生をめいっぱい楽しみ、いろいろな場所で活躍している40人をご紹介!その働き方はまさに『田舎フリーランス』といえるかも。とにかく皆さんいい笑顔しているんです。

信州暮らしサポートデスク 相談員

三澤・高須

プロフィール

三澤:ほたるの里・辰野町に生まれ、県庁所在地・長野市在住を経て都内の大学に進学、就職。番組制作に従事したのち復興支援活動、青少年の健全育成NPO活動に携わり、2015年より楽園信州移住相談センターの相談員。最近は登山好きの相談者の皆さんに感化され、信州の山デビューを画策中。

高須:高校卒業まで諏訪市で暮らす。大学進学のために上京し、以来○十年東京在住。メーカー、流通小売業界、出版社を経て、2016年9月より「ふるさと回帰支援センター」内の「信州暮らしサポートデスク」にて相談員をつとめる。お祭りと美味しいものが大好き。

相談員から一言

三澤・高須:溢れる自然は長野県の最大の魅力。美しく雄大な景色、きれいな空気やおいしく安全な水は長野県の魅力であり、長野県でなら必ず手に入るものでもあります。自然以外の魅力、温かい受け入れをあなたに的確にアピールいたします。77もの市町村がある長野県、村だけで35もあり個性豊かな地域。あなたにぴったりの地域を、縁とひらめきを大切にしておつなぎしています。