地域のトピックス

徳島出張に行ってまいりました!!part2-1

12月に引き続き、徳島県へ出張に行かせていただきました

今回3日間の滞在だったので、3回に分けて報告したいと思います

まず、1日目

この日は海陽町で開催される南部の移住者交流会に参加しました!

徳島県では東部、西部、南部で各1回ずつ、年間3回の県主催の移住者交流会を行っております。

初めての移住者交流会で私もワクワク

今回の会場となるのはここ!

「in Between Blues」!!

ここは海陽町へUターンした永原レキさんがプロデュースしたお店。

世界のあちこちを周ったのちに故郷・海陽町にたどり着き、地元の良さを実感したそうです。

ここは藍染体験したり、カフェでゆっくりしたり、ショップで買い物したりと
藍染を目・鼻・口・手で体感できる施設です!

店内がすごくおしゃれ

藍染のピアスも販売されてます!

カワイイ~

藍染体験ができる場所もおしゃれ!!

なんといっても海を眺めながら体験できるっていうのがいいですね!

ちなみに天井や扉も藍で染めているそうです

今回は約20名の方が参加してくださいましたので
先に藍染体験班と先にお昼ご飯食べる班2チームに分かれます。

私はお昼ご飯食べてから藍染体験する班とご一緒させていただきました。


まずはお料理の説明をしていただきます。


ほぼほぼ海陽町で採れた食材が使われています。
オーガニックやビーガンにこだわったお料理全部とても美味しかったです

このお料理を提供してくださった方達も移住者で、
海陽町でレストランを経営しています

なんと食後には・・・

藍を使ったお茶、マフィン&マカロン


キレイな藍の色

こちらもとても美味しかったです

みんなで仲良くティータイムをしていると、
最初の藍染班が終わったとのことで、いざ藍染体験!!

実は私も初めてなので楽しみにしていました

まずはレキさんから”藍”という植物~染料となる”すくも”~藍建ての行程を説明していただき、


手ぬぐいかハンカチか選びます。

レキさんは素材にもこだわっていて、使われている素材は麻です。

さて、どちらか決めたらサンプルを見ながらデザインを選びます!

決めたら一旦水につけて絞ります。

それぞれ思い思いのデザインになるよう、教えていただきながら布を縛っていきます。

そしてついに藍甕の中へ!!

無心になれる

しばらく漬けてから取り出して水で洗い流します!

一回漬けるとこんな色

この漬けて洗っての行程を幾度か繰り返します。
漬ける回数によって色がだんだん濃くなっていきます。

自分の好みの色の濃さになったら何度も水で洗い流し、
水が青く濁らなくなってきたら

乾かして…

完成

\ できた~!! /

みんな良い笑顔

今回の移住者交流会が大成功であったことはみなさんの顔を見れば一目瞭然ですね!

徳島県が主催している移住者交流会では毎回、何かしらを作る体験ができます!
一緒に何かを作ることで簡単に打ち解けることが出来ます!

移住者同士が仲良くなれたり、町の人との顔見知りになれたり、
子ども達にお友達が出来たりと良いことづくし

みんなとお別れした後、この日は前回の出張でもお世話になった美波町の「やまさき」で宿泊

2日目へ続く・・・

住んでみんで徳島で!移住相談センター とくしま移住コンシェルジュ

村社

プロフィール

島根県安来市出身。高校卒業後、島根県内で就職。旅行で訪れた徳島県三好市で駅のホームから見える山の高さに驚く。同じ田舎でもなだらかな山が続く地元と、険しい環境での暮らしの違いは何か興味を抱き始める。
地方暮らしのサポートを通じて徳島県の魅力を発信するため、2021年4月からとくしま移住コンシェルジュを務める。

相談員から一言

徳島県は都市部の東部、マリンスポーツが盛んな南部、秘境のある西部の3つに大きく分かれています。関西や四国三県へのアクセスも良く、山も海もある自然が豊かで温暖な地域です。
そうかと思えば通信環境は日本屈指、都市と地方を結ぶサテライトオフィスの開設数は国内トップクラスという、これまでのイメージを変えてしまう意外な一面もあります。
バラエティーに富んだ徳島県での暮らしについて、是非一度ご相談下さい。