地域のトピックス

11/14(水) は県庁に遊びに行こう! 県庁オープンデー

お仕事で関わらない限り、県庁を訪ねる機会はなかなかないと思いますし、敷居が高いですよね。

埼玉県では、11月14日の「県民の日」に合わせて「県庁オープンデー」が開催されます。
当日は、県庁内のさまざまな場所に埼玉県の魅力を体感できるブースが多数出展!
時間帯により、なんと、知事室の見学もできるんです!

県庁オープンデー 会場

埼玉県相談員の独断と偏見による、主な見どころをご紹介!

★ラグビーワールドカップ2019PRブース
ラグビーミニ体験やタックルマシーンで遊べます!

★オリンピック・パラリンピック競技体験ブース
ゴルフやボッチャなどが体験できます!

★埼玉県各地のご当地グルメ
オール埼玉ラーメン、秩父市みそポテト、吉川市なまずのエスカベッシュなど!

★地域おこし協力隊員によるワークショップ
ぽてくまくんの焼印、隈取ペイント(歌舞伎メイク)などは、ここでしか体験できない!

埼玉県庁を堪能したあとは、ぜひ浦和駅周辺の街歩きも楽しんでくださいね。

【日時】 平成30年11月14日(水曜日)9時30分~16時00分
【場所】 埼玉県庁 (交通:浦和駅から徒歩約10分 ※公共交通機関のご利用をお願いします。)

「住むなら埼玉」移住サポートセンター 移住相談員

鎌田

プロフィール

埼玉県さいたま市出身。県立高校を卒業後、大学も2年次まで埼玉のキャンパスに通う。新卒で、子供の頃から馴染みのある地元の文具・事務機を扱う商社へ。その後も県内の学校法人や介護関連の職場、国立研究開発法人での勤務を経て、2021年8月より「ふるさと回帰支援センター」内の「住むなら埼玉」移住サポートセンターで相談員をつとめる。

相談員から一言

コロナ禍で毎日の通勤が必ずしも必要でなくなった今、都会の刺激と自然の豊かさの両方を体験できる埼玉暮らしに憧れて都内から移住する方が増えています。移住だけでなく、市民農園等を借りてプチ農業を始めたり、都市と田舎を行き来する二拠点生活など幅広いライフスタイルも選択できます。
魅力あふれる埼玉に興味のある方はぜひお気軽に「住むなら埼玉」移住サポートセンターをお訪ねください。生粋の「埼玉っ子」が、まち・人・暮らしの魅力をご案内します!