移住関連イベント情報

このイベントは終了しました

【現地ツアー】どんな暮らし方をしてるの? 生活実践編_綾部市・舞鶴市

セミナーや情報を集めるのだけでなく、ご自身で地域の方とお話ししてみたり、地域に行ってみませんか?

7月開催セミナーのゲスト綾部市の工忠さんと、舞鶴市の矢野さんが生活をされている環境に触れてみましょう! (セミナーはこちら
今回の現地ツアーは、綾部市上林地区と舞鶴市西舞鶴。
移住をして農家民宿やお店を開いている方、地元の人が案内をする地域の魅力発見など、人に触れ、地域を見て、自分で体感出来るツアーになっております。

なかなか地域に行くきっかけがつかめない、という方。
まずは、綾部市・舞鶴市に行ってみてきっかけを作ってみませんか?

日程 2019/8/24(土)~25(日)
開催場所 ◯集合:8月24日(土) 10:35 綾部駅北口集合
◯解散:8月25日(日) 15:00頃予定 西舞鶴駅解散
◯応募締切り日:8月10日(土)
(参考)
8:45 大阪駅(JR京都線新快速) → 9:14 京都駅着 → 9:24 京都駅(JR特急はしだて1号)
→ 10:30 綾部駅着・下車 → 10:35 綾部駅北口集合
※お車でお越し予定の方は、一度下記までお問い合わせください。
MATA TABI 工忠 照幸(くちゅう てるゆき)
Email: matatabijourney@gmail.com
定員 ※限定、8名様です※
参加費 ◯概算費用
宿泊費 → 4000円(参加人数によっては宿泊先は3か所になりますが統一料金です。)
食費 → 3280円程度 (24日(土) 昼食、24日(土)夕食 / 25日(日)朝食、25日(日)昼食の4食分)
その他 → 現地までの交通費など
詳細 綾部市ってどんなところ?
その1:
元々絹織物で有名になった場所で、あのグンゼの発祥の地としても知られています。
街、山の2つの側面を持っていて温泉もあり、サイクリングやマラソンなどの「自然xアクティビティ」のイベントも開催されています。
その2:
京都府の中で農家民宿が一番多い場所です。自然に触れるいなか暮らしをまずは体験出来る地域です。

舞鶴市ってどんなところ?
その1:
東は港町、西は城下町として栄え、海と山の両方の顔を持つ舞鶴市。
京都府北部の中丹地域(綾部市・福知山市・舞鶴市)の中で唯一の海がある市町村です。
その2:
海と山両方の名産物がたくさん!京野菜の一大産地の一つ、京都府一の水揚げ量を誇る舞鶴市。
京のブランド万願寺甘とうや、牡蠣や蟹などは舞鶴に来たら必ずみなさんチェックしてみてくださいね。

◎当日のゲスト◎



 

 

 

 

 

▷工忠 照幸(くちゅう てるゆき)さん
大阪府出身。Iターン。19歳の時より約2年間、バック パッカーとして世界を2周し、 帰国後はホテル マンや、海外添乗員を経験。 30代半ば、大阪から綾部市上林地区へ移住。
現在は、里山ゲストハウスクチュールと、MATA TABIを経営し、通訳案内士としても活躍中。
▷衣里子(えりこ)さん
大阪府出身。Iターン。システムエンジニアとして勤務後、綾部市上林地区に夫・照幸さんと共に移住。移住後は、綾部市役所の職員として勤務後出産を機に退職。現在、大自然の中で子育て中。



 

 

 

 

 

 

▷矢野 麻衣子(やの まいこ)さん
京都府舞鶴市出身、Uターン。
KOKIN副代表、「itoyanoco.-イトヤノコ-」 日替わりカフェ。
大学進学で地元を離れるが、おいしい空気と、星空が恋しくなり舞鶴へ戻る。色々な職業をしな がら、KOKIN〜まちを楽しむチーム〜 を立ち上げる。
カフェ&バーFLAT+(日替わり店長のお店)にて、毎週火曜日に「itoyanoco.-イトヤノコ-」という地元の野菜を使ったカフェをオープンしている。

☆地域の方々と交流を通じて他の方々にもお会い出来ます!
◎こんな方におすすめです!
①いなか暮らしに興味がある
②地域に行くきっかけを探している、行ってみたい
③先輩移住者の生の声を聞いてみたい
④地域の風景を見て、体感し今後行くきっかけが欲しい

※限定、8名様です!※

◎概要
◯日時:8月24日(土)〜25日(日)
◯集合:8月24日(土)   10:35 綾部駅北口集合
◯解散:8月25日(日) 15:00頃予定 西舞鶴駅解散
◯応募締切り日:8月10日(土)
(参考)
8:45 大阪駅(JR京都線新快速) → 9:14 京都駅着 → 9:24 京都駅(JR特急はしだて1号)
→ 10:30 綾部駅着・下車 → 10:35 綾部駅北口集合
※お車でお越し予定の方は、一度下記までお問い合わせください。
MATA TABI 工忠 照幸(くちゅう てるゆき)
Email: matatabijourney@gmail.com

—1日目—
・上林地区に移動
・ハーブ園見学  (先輩移住者)
・昼食(KOKU(先輩移住者))
・宿泊場所へ
・地域散策
・夕食(かるな庵(先輩移住者))
※タイミングが合えば地域の方々の上林太鼓の見学が出来るかも?!※
・各宿泊場所移動へ
(参加人数によっては、里山ゲストハウスクチュール、かるな庵、オリジンの3か所のどちらかに宿泊します)

—2日目—
・綾部市上林地区から舞鶴市西舞鶴地区へ移動
(当日の天候などを考慮いたしますので、変更の場合がございます)
・地域散策
・カフェ&バーFLAT+にて昼食
・移住者との交流など
・クルーズ船の見学
・カフェ&バーFLAT+にて解散
※帰りは「西舞鶴駅」より帰省になります

————-
○宿泊予定場所:
◎里山ゲストハウスクチュール
https://www.ayabe-kankou.net/hotel/houses/couture.htm


◎かるな庵
https://www.ayabe-kankou.net/hotel/houses/karuna.html


◎(なごみ宿)オリジン
https://www.ayabe-kankou.net/hotel/houses/origin.html


---
◯お食事予定
▷KOKU ( 匊(こく)/ cafe)
https://koku-kyoto.com/

地元上林地区で作られた野菜や綾部市内で採れた新鮮な野菜をふんだんに使用し、国産の米粉で焼き上げた優しい味のお料理が召し上がれます。
その日の新鮮な食材を使用しているので、特にメニューなどはないので何が出るかはお楽しみに☆


  ▷かるな庵(農家民宿)
お料理が大好きな奥様は小学校の給食を作っています。
ご夫婦が育てた野菜や地元の食材をふんだんに使用した、菜食料理が召し上がれます。



▷カフェ&バーFLAT+(矢野さんが日替わり店長をしているお店)
https://kokintnb.wixsite.com/kokin/flat-2
メニューはお楽しみに!

◯概算費用
宿泊費  → 4,000円(参加人数によっては宿泊先は3か所になりますが統一料金です。)
食費     → 3,280円程度 (24日(土) 昼食、24日(土)夕食 / 25日(日)朝食、25日(日)昼食の4食分)
その他 → 現地までの交通費など
◯持ち物
・日よけ(日中は日差しが強い時間もあります。)
・動きやすい服装、歩きやすい靴(地域を散策するためです。)
・洗面用具、タオル類(ゲストハウスの為、用意されていないものもある可能性があります。)
◯最小敢行人数 → 4人 / 最大人数 → 8人
◯その他
悪天候などの不可抗力の理由より、旅行の中止をする場合があります。予めご了承ください。

※必ずご確認をお願いいたします※
①宿泊先では、相部屋の可能性がございます。
②食物アレルギーや動物アレルギーをお持ちの方は、事前に必ず申告していただきますようお願いいたします。(動物を飼っている場所もあります。)

こちらから随時情報を更新します。是非ご覧くださいね。
締め切り日 2019/08/10
お申し込み ▽お申し込みはこちら▽
MATA TABI 工忠 照幸(くちゅう てるゆき)
Email: matatabijourney@gmail.com  
電話番号:0773-21-6745
※メールでのお問い合わせの際は、タイトル名を「8/24・25ツアー申し込みの件」と表記の上ご連絡をお願いいたします。
※ご不明点があれば上記の連絡先までお問い合わせください※
※基本は宿泊のツアーになります。
もし、日帰りをご希望の方は、お問合せ先の「MATA TABI」までご相談ください。※

※必ずご確認をお願いいたします※
①宿泊先では、相部屋の可能性がございます。
②食物アレルギーや動物アレルギーをお持ちの方は、事前に必ず申告していただきますようお願いいたします。(動物を飼っている場所もあります。)

こちらから随時情報を更新します。是非ご覧くださいね。

【企画・協力】
MATA TABI
京都府知事登録旅行事業地域-676
代表兼総合旅行業務取扱管理者:工忠 照幸
TEL:0773-21-6745 / FAX:0773-21-6745
Email: matatabijourney@gmail.com

主催:中丹広域振興局、綾部市、舞鶴市、京の田舎暮らしふるさとセンター
企画協力:京都移住コンシェルジュ、MATA TABI