移住関連イベント情報

このイベントは終了しました

2020年の北アルプス国際芸術祭を担当 地域おこし協力隊4名募集!

大町市では、「芸術文化によるまちづくり」を推進しています。
今回募集する地域おこし協力隊は、
「芸術祭」の運営やアーティストを市内に招いて滞在制作を行う「AIR事業」などの業務に携わる
「芸術文化によるまちづくり」の推進を図るための人材です。

大町市は2017年に「北アルプス国際芸術祭」を開催。
芸術文化を活用して新しい人の流れを生み出し
まちの活性化や交流人口の増加を図るための事業として、
43万人を超える来訪者を迎えることができました。
現在、2020年の2回目の開催に向けて、
総合ディレクターに北川フラム氏を迎え、準備を進めています。

日程 2018/11/30(金)必着
開催場所 長野県・大町市
定員 4名
参加自治体・参加団体 長野県・大町市
詳細

次の業務を担当していただきます。

(1)北アルプス国際芸術祭に関すること
作家との調整や作品制作支援、印刷物デザイン、会期中の運営管理など

(2)信濃大町アーティスト・イン・レジデンス事業
(信濃大町芸術活動発信拠点構築事業)に関すること、作家の招へい、作品制作支援、市民との交流など

(3)芸術文化によるまちづくりに関すること

【特に募集する人材】
芸術祭の開催に向け自分の経験を生かして活動してみたい人
ホームページの制作・ウェブができる人
チラシ、印刷物などアドビ・イラストレーターでデザインできる人
芸術祭サポーター組織の運営に携わりたい人

4募集対象

(1)年齢25歳~45歳(平成31年4月1日現在)
(2)現在、3大都市圏(※)の都市地域か政令指定都市(過疎、山村、離島、半島等の地域に該当しない区域)に在住しており、大町市地域おこし協力隊員として採用後、大町市に住民票を異動することができる人

(3)普通自動車免許を取得している人
(4)芸術文化に興味がある人
(5)心身ともに健康で明るい人
(6)3年間、継続して働くことができる人
(7)何事にも前向きで挑戦する意欲のある人
(8)一般的なパソコン操作ができる人
(9)地方公務員法第16条(※2)に規定する一般職員の欠格条件に該当しない

5雇用形態及び期間

(1)嘱託職員(非常勤特別職)

(2)平成31年4月から年度末まで(※年度ごとの任用とし、最長3年まで任用の更新あり)

6勤務日及び勤務時間
(1)勤務日数 月20日以内
(2)勤務時間 原則として午前8時30分から午後5時15分※始業終業時間は勤務内容に応じて変動する場合があります。※土日等に勤務が必要になる場合があります。

7報酬
月額200,000円
(賞与、その他手当の支給はありません。)

8待遇及び福利厚生
(1)住宅は、公営住宅等とし、市が費用を負担します。なお、敷金や転居費用、生活備品、光熱水費等の経費は個人負担となります。

(2)社会保険等(雇用保険、厚生年金、健康保険)に加入します。
(3)事務用品・作業着等業務に必要なものは支給します。(4)勤務時間中は、市の公用車を使用しますが、それ以外は個人の交通手段となります。

バスなどの公共交通手段もありますが、土地柄、自家用車があると便利です。


◆地域おこし協力隊とは?
総務省 地域おこし協力隊のホームページ
移住・交流推進機構 地域おこし協力隊のホームページ
お申し込み 長野県大町市「地域おこし協力隊」募集要項(224kbyte)

1.応募用紙(次によりダウンロードしてください)
長野県大町市「地域おこし協力隊」隊員応募用紙(91kbyte)pdf
長野県大町市「地域おこし協力隊」隊員応募用紙(37kbyte)doc

2.履歴書(市販のもので可。直筆・写真添付)
3.自己PR文(1600字程度。書式は自由)
お問い合わせ 問合せ先: 芸術文化振興係 内線537
E-mail: art_omachi@city.omachi.nagano.jp