地域のトピックス

北茨城市の地域に根付いた初の芸術祭『桃源郷芸術祭2018』

北茨城市地域おこし協力隊主催
桃源郷芸術祭2018

豊かな自然に恵まれ、
かつて岡倉天心が
「東洋のバルビゾン」と称し、
日本美術を世界へ発信した
五浦の海から
新しい芸術祭がはじまる。

2/25(日)のいばらき暮らしセミナーにゲストとしてご協力いただいた「県北3姉妹」の都築さん助川さん末長さんも関わっている地域に根付いた芸術祭「桃源郷芸術祭2018」が3月14日(水)~18日(日)まで開催されます。
こちらは北茨城市の「芸術によるまちづくり」を担う地域おこし協力隊が主催する芸術祭でもあります。

会場は市内に7ヵ所用意されており、地元芸術家の日本画や陶芸などの作品展示、イベントやワークショップも開催されます。

是非、お越しください!

桃源郷芸術祭2018 ホームページ

開催期間
2018年3月14日(水)~ 3月18日(日)

時間
9:30 ~ 17:00 ※会場によって異なりますのでご注意ください。

会場

茨城県天心記念五浦美術館 展示室B・C
茨城大学五浦美術文化研究所(六角堂・天心邸)
五浦観光ホテル本館 / かつらぎ画廊 / ガラス工房シリカ
ARIGATEE / 大津港駅前観光案内所

入場料
無料 ※茨城大学五浦美術文化研究所は入場300円 (中学生まで無料、団体割引有)

お問い合わせ

桃源郷芸術祭2018 事務局
〒319-1725 茨城県北茨城市関本町富士ヶ丘756-1
TEL 0293-46-0362 (代表) 9:00-17:00
E-mail tougenkyo.art.fes★gmail.com(★を@に変えてください)

いばらき暮らしサポートセンター 相談員

渡辺

プロフィール

茨城県古河市出身。大学進学・海外留学を経て、一旦Uターン就職後、都内にて就職。教育関連業界、IT業界を経て、2015年5月より「ふるさと回帰支援センター」内の「いばらき暮らしサポートセンター」の相談員をつとめる。

相談員から一言

魅力度ランキングは低くても、結構何でも揃っているのが茨城県。そんな茨城県は、1.温暖な気候と交通アクセスの良さの住みよさ、2.農業と工業がバランスした働きやすさ、3.少子化対策・充実した教育環境が整った子育てにも安心の暮らしやすさがあります。都心への通勤圏内での暮らし、手付かずの豊かな自然が広がる里山での暮らし、海を眺めながらの暮らし、現在のお住まいと茨城県の2拠点での暮らしなど、同じ県内でも文化もライフスタイルも異なる地域特性を活かして、程よい田舎での理想の暮らしを実現することができる茨城県。また、関東屈指の農業大県ということもあり、就農支援にも力を入れています。少しでも茨城県にご興味のある方は、お気軽にいばらき暮らしサポートセンターにお越しください。