地域のトピックス

【波佐見焼(はさみやき) in 吉祥寺】3/2(金)~4(日)

波佐見町のやきものの窯元・商社12社が吉祥寺に集結!

こんにちは。
ながさき移住サポートセンター移住相談員の浅野です。

3/2(金)~4(日)の3日間、吉祥寺にて波佐見焼のイベントが開催されます。

波佐見町(はさみちょう)とは
長崎県のほぼ中央に位置し、全国屈指の「やきものの町」として発展してきました。
400年の伝統が息づく「波佐見焼」は、まちの特産品です。
町内には陶磁器に関する約350の事業所があり、約3割の方が窯業関連の仕事にたずさわっています。

当日は、予約の取れない吉祥寺「肉山」と波佐見焼のコラボカレー店(おしゃれな器は持ち帰りで1日限定100食)、吉祥寺の人気雑貨店や飲食店とのコラボ企画、やきものワークショップなど、
美味しい&楽しいが盛りだくさんの3日間になるようです。

催しの詳細は、こちらのFACEBOOKページで随時更新される予定です。
皆さまのご参加をお待ち申し上げております!

【長崎本部】ながさき移住サポートセンター移転のお知らせ
長崎県庁舎の移転に伴い、長崎本部も移転しました。
新しい事務所は、移転した長崎県庁舎の1階にありますので、お気軽にお越しください。
<新住所>長崎市尾上町3番1号 長崎県庁内1階

長崎県への移住についてはこちら
ながさき移住ナビもあわせてご覧くださいませ
2/25(日)ながさき移住相談会@移住・交流ガーデン(東京八重洲)予約承り中です

ながさき移住サポートセンター 移住相談員

浅野・谷口

プロフィール

浅野:埼玉県出身。旅行業界で15年勤務、派遣コーディネーター、アウトソーシングサービス会社での経験を経て、2017年4月より現職「ながさき移住サポートセンター」の移住相談員をつとめる。人とのコミュニケーションを築くことが大切な業界での経験を活かし、「旅は移住への第一歩」をモットーに、長崎の魅力を広く伝え、移住候補地としての認知度を高めることに日々奮闘中。

谷口:長崎県佐世保市生まれ。生後間もなく関東へと移り住み、以後東京で過ごす。大学卒業後、販売職や航空業界での勤務を経て、2017年4月より「ふるさと回帰支援センター」内の「ながさき移住サポートセンター」にて相談員を務める。

相談員から一言

浅野:長崎県は古くより異国文化を受け入れ、人々との交流の中で栄えてきました。海や山、離島や半島からなる自然美、歴史文化も味わい深く堪能出来る魅力溢れる県です。2015年に世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」、2018年の登録を目指す「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」と、平和のとりでである遺産が2つもあります。また、医療に関する施設や子育てに関する施設が充実していること、災害が少ないことなど「くらしやすさ」でも魅力溢れる県です。長崎の本部とは常に連携して就職・転職支援も行っており、移住する上で大切な「しごと」のご相談も承っております。ぜひ、お気軽にご相談にお越しくださいませ。

谷口:長崎県の“よかとこ”は面倒見の良い方が多くいるところです!また自然も豊かで食べ物もおいしいです!様々な文化や人が行き来していた長崎県。ちゃんぽんやカステラ、歴史ある教会や坂の町、とても魅力あふれるところです。そんな長崎に移住をお考えの方、興味のある方、是非ご相談ください。ながさき移住サポートセンターが、お手伝いいたします!