地域のトピックス

視察レポート「暮らす ゲストハウス 山彦舎」@平戸市

人間同士の心のつながりを大切に、平戸島の美しい山と美しい海と共に暮らす。

山彦舎 舎外担当・猟師・シーカヤックガイド 吉田さん(福島県出身)

こんにちは。ながさき移住サポートセンターの谷口です。
先日、平戸市へ視察に行ってきました!京都から移住し、2017年4月にゲストハウスを開業された先輩移住者さんにお話を伺ってきました。

【暮らす ゲストハウス 山彦舎】
暮らすように旅をする。
平戸島 根獅子の「一棟貸し」のゲストハウス

  

移住のきっかけは平戸の友人。
友人の実家の離れを間借りしスタートした平戸暮らし。
築100年の母屋と隣接する築60年の離れは、地域の方の協力で見つけた空き家。
「あるものを壊さずに住みやすく変えていく」そうして心地よい空間に改装したのが山彦舎です。
ゆったりとした時間の流れと、窓から見える青い海と空に心癒されます。

   

    

雪深い京都の田舎から長崎の田舎へ。平戸のほうが“便利だな”と感じることもあるそうです。

吉田さんは地域の方との信頼関係をとても大切にされています。
地域や集落の行事に参加する。参加することで仲良くなったり、自分たちを知ってもらう。
地域に入りたいと思った気持ちを伝えていくことが大切なのだと教えてくださいました。

    
ネコさんと犬さんも一緒に京都から移住してきました。

「山彦舎」は先輩移住者さんと出会える場所であり、心癒される景色に出会える場所、
平戸暮らしを体験できる場所です。
平戸へお越しの際は「山彦舎」へ宿泊されてみてください!

暮らす ゲストハウス 山彦舎

ながさき移住ナビ

ながさき移住サポートセンター 東京窓口 相談員

山田

プロフィール

長崎県長崎市出身。元ブライダルカメラマン。
現在4歳の息子がおり、都会での育児を体験したことで、長崎の子育て環境の良さにも気付くことができました。移住を検討している子育てママのご相談もお待ちしております!

相談員から一言

長崎県は地域によって地形も文化もさまざまで一言では伝えきれない魅力があります。一度、長崎を旅して美しい景観や県民性に触れてみて欲しいと思います。
長崎県に移住をお考えのIターンの方もUターンの方も、ながさき移住サポートセンターをぜひご利用ください!