地域のトピックス

長崎くんちウィークin日本橋長崎館

こんにちは。
ながさき移住サポートセンター移住相談員の谷口です。

長崎を代表するお祭りのひとつ「長崎くんち」。
見て、食べて、学ぶ「長崎くんちウィーク」を日本橋長崎館にて開催中です!
期間は9月26日(火)~10月9日(月・祝)となっており、期間中にはくんち食堂やくんちセミナーなどのイベントも開催予定です!

店内には「龍(じゃ)」の展示に加え、衣装や楽器の展示、
くんち映像の放映等も行われる予定です。
また、踊町の町名の入ったちょうちんと手ぬぐいも飾り付けてあります。

 

 

長崎くんちとは…
「長崎くんち」は長崎の氏神「諏訪神社」の秋季大祭。
寛永11年(1634年)、2人の遊女が諏訪神社神前に謡曲「小舞」を
奉納したことが始まりといわれています。
この奉納踊は国指定重要無形民俗文化財に指定されています。

「長崎くんち」は今年も10月7日(土)、8日(日)、9日(月・祝)で開催されます。
馬町・東浜町・八坂町・銅座町・築町の5つの踊町(おどりちょう)が演じ物(だしもの)を奉納します。
諏訪神社・中央公園などでじっくり見物したり、長崎の街中でお祭りを楽しむこともできます!

この機会に是非、長崎を感じられるイベントに足をお運びください。

 

◇日本橋長崎館の情報はこちらから

◆長崎くんちに関する情報はこちらから

◇長崎県の移住に関する情報はこちらから

ながさき移住サポートセンター 東京窓口 相談員

山田

プロフィール

長崎県長崎市出身。元ブライダルカメラマン。
長崎の県民性、景観、食文化、すべてが大好きで、いづれは長崎県に貢献できる仕事に就くと決めていました。カメラのスキルも活かして、長崎の魅力をしっかり伝えていきたいです。現在4歳の息子がおり、都会での育児を体験したことで、長崎の子育て環境の良さにも気付くことができました。移住を検討している子育てママのご相談もお待ちしております!

相談員から一言

長崎県は地域によって地形も文化もさまざまで一言では伝えきれない魅力があります。一度、長崎を旅して美しい景観や県民性に触れてみて欲しいと思います。
長崎県に移住をお考えのIターンの方もUターンの方も、ながさき移住サポートセンターをぜひご利用ください!