地域のトピックス

【静岡県牧之原市】市内を個別案内します!

気候も人柄ものんびりとあたたかい牧之原市


暖かい気候と点在するサーフポイントを求め、サーフィンを楽しむ方たちに人気の牧之原市。
サーフィン以外にも、お茶どころ静岡の中で、県内1位の茶面積を誇り、
メロンやイチゴなどの野菜や果物の栽培も盛ん。海の幸にも恵まれた地域です。
海の見える場所でのんびりゆったりと暮らしたい…そんな方におすすめが静岡県牧之原市。


牧之原のことをじっくり知ることができる個別案内


そんな牧之原暮らしをもっと詳しく知りたい方に、市内の個別案内をご紹介します!
牧之原市を熟知した市の職員が、ご要望に応じてあなただけのコースをご案内。

・牧之原に暮らすとどんな家に住めるの?空き家や賃貸アパートを見てみたい。
・どういう仕事があるの?
・ふだんはどこで買い物しているの?
・保育園や支援センターなど、子育て環境はどんなかんじ?
・農業を体験してみたい!

など、ひとりひとりのご要望に合わせたコース、情報をご案内いたします。
土日でもOKなので、週末にふらっと旅行がてら、市内の気になる場所をまわりませんか?

ご希望日の10日前までにお申し込みが必要です。
名前、参加人数、電話番号、住所、メールアドレスを、下記までご連絡ください。
スケジュール調整のため、折り返しお電話でご連絡いたします。

お問い合わせ・お申し込み:牧之原市役所 企画政策課
電話:0548-23-0040 FAX:0548-23-0059
メール:kikaku@city.makinohara.shizuoka.jp

”ふじのくにに住みかえる”静岡県移住相談センター 相談員

宮嶋・橋本

プロフィール

宮嶋:静岡県浜松市浜北区出身。県内の短大卒業後、公務員・交通指導員など地域密着の仕事に従事した。結婚退職後は夫の転勤で県内東・中・西部7カ所に転職しながら帯同し、各地で働きながら子育て。2010年に転勤により上京、総合病院勤務を経て、2015年4月より「”ふじのくにに住みかえる”静岡県移住相談センター」にて相談員を務める。

橋本:東京郊外に生まれ、小学校入学と同時に父の転勤で静岡県へ。高校卒業までを御殿場市と沼津市で6年間ずつ過ごす。山梨の大学を卒業後、上京。IT業界などを経て、2017年4月より「”ふじのくにに住みかえる”静岡県移住相談センター」にて相談員を務める。

相談員から一言

宮嶋:静岡といえば富士山含む山・海・川など豊富な自然と食文化で産業・農林業も盛ん。便利な地方都市と、温泉など観光地や森林も県内全域にあり、仕事も余暇も充実の魅力が満載。新幹線通勤からプチ&どっぷり田舎暮らしまでどーんとおまかせ。温厚なお人柄の静岡県民は、都会では難しい「地域でのびのび子育て」を実践しています。ライフスタイルをゆとりある「しずおかスタイル」にチェンジし、「ゆとりすと」の仲間入り♪

橋本:今の職場のまま新幹線通勤したい。地方で暮らしたいけどある程度の便利さはほしい。海や山のそばでゆっくり田舎暮らしがしたい。そんな様々な思いに応えることができるのが静岡県です。温暖な気候と豊かな自然、のんびり穏やかな人たちに囲まれて、すこやかな毎日を過ごしませんか?こんな生活がしたい、静岡のことが知りたい、などなど、ぜひお話ししにいらしてください!