地域のトピックス

セミナーゲストとお試し住宅をチラ見せ!子育てを機に茨城へ移住したカメラマン

12/14(土)に、第3回 いばらき暮らしセミナー《参加市町による子育て支援自慢大会!》を開催します!

先月、トークゲストの常陸太田市地域おこし協力隊・塚田さんのもとへ行ってまいりましたので、ご紹介いたします ♪

3年前までは、都内でカメラマンを勤めていた塚田さん。現在は、2才の娘をもつお父さん。
のどかな田んぼが広がる場所に一軒家を借りて暮らしています。

東京に暮らす間、ずっと地域で暮らしたいと思っていたという塚田さん。
奥さまと一緒に車でいろんな地域を巡っていたところ、「あぁ、ここだなあ」と感じた場所が常陸太田市金砂郷地区だったそう。

現在は家族4人暮らし。
常陸太田市地域おこし協力隊として、地域に根差すお仕事をされています。
一つは、『勉知庵(べんちあん)〜常陸太田市のお試し居住施設〜』の管理人。オーナーさんの趣味が、陶芸や絵画、写真で、家のなかには素敵な家具や作品が飾られています。

お試し居住施設 『勉知庵』 入口

お試し居住施設『勉知庵』外観

素敵なお庭が広がります

昔ながらの家具や素敵な器が飾られています

塚田さんの呼びかけで、地元の本が集まってきています!

ゆくゆくは、この場所を、移住希望者と地元の方が交流できる拠点としたいとのこと。

ほかにも地域おこし協力隊として、地域のお祭り・行事に参加したり、先日の台風ではボランティアとして大きな力となったり...、地域住民と密に関わりながら暮らしています。

ご家族も、家の前で畑仕事をしたり、子育て支援施設で知り合いができたりと、充実して生活されているんだとか。

常陸太田市子育て支援施設じょうづるはうす

魅力度ランキングは常に最下位の茨城県ですが...、
住んでいる方は実はとっても豊かな暮らしをされているように感じます。

大きな大きな、旬の柿をいただきました!

常陸太田の風景!のどかです

『子どもの感性を育みたい』と移住された塚田さんご夫妻にとって、常陸太田市はとっても良い選択だったのかもしれません。

続きはぜひ、12/14(土)の第3回 いばらき暮らしセミナー《参加市町による子育て支援自慢大会!》でじっくりお話を伺ってみてください~!

★関連情報★
常陸太田市お試し居住施設 HP
常陸太田市地域おこし協力隊 Facebookページ
常陸太田 子育て上手
子育て施設『じょうづるはうす』

いばらき暮らしサポートセンター 相談員

藤岡

プロフィール

三重県鈴鹿市出身。幼少期の自然体験・農業体験をきっかけに農学部を志願し、偶然「茨城県」へ。大学卒業後、茨城県常陸太田市の里山に囲まれた宿泊施設で勤務。プライベートで中山間地域の空き家を借りる。慣れない暮らしに悪戦苦闘したものの、地域のなかでいきいきと過ごした時間は宝物。2019年4月より茨城県相談員に着任。

相談員から一言

ふと目をやれば自然がある、お野菜や果物がおいしい、車で少し走れば山も海もカフェもお店もある、個性豊かに生きる人たちがいる。
茨城県に住んでいたとき、私が「豊か」と感じたことです。その半面、大変さを感じたこともあります。
「移住」は「手段」だと思います。ご自身やご家族の叶えたい暮らしや生き方が実現できるかどうか、一緒に考えていきましょう。お気軽にご連絡ください。いばらき、住んではいいとこですよ~!