地域のトピックス

10/20 茨城県 移住セミナーを開催しました!

10/20(土) に茨城県の移住セミナー「第2回 いばらき暮らしセミナー 地域ではじめた,オリジナルな暮らし 私らしく生きるために ~水戸の本格フランス菓子店オーナーシェフ Wenikoさんの開業ストーリー~」を開催しました!

盛りだくさんの内容を、ほんの少しご紹介!↓↓

ゲストスピーカーに水戸市のフランス菓子店「Maison Weniko」オーナーシェフ・Weniko(ベニコ)さんとパートナーのユウさんをお迎えしました。

パティシエになるべく、フランス・東京で修業を重ねたベニコさん。

国産の素材で安心・安全なお菓子を提供したいという強い思いを持ち、お店を構える場所を探していたそうです。
茨城県の果物の豊富さ、新鮮さ、美味しさに驚き、都内だけでなく水戸市でもお店を探し始めます。

水戸市商工会議所では定期的に空き店舗ツアーを開催しており、(これが大人気!)
そのご縁で希望の条件にぴったりの物件と2010年8月に出会います。

商工会議所の人づてに内装業者さんを紹介してもらえたりと、とんとん拍子に話が進み、
2010年12月1日に、「Maison Weniko」を開業します!

旬の果物を使ったコンフィチュールをはじめ、茨城県の旬の食材を使った洋菓子を販売しています。

移住してみて、「水戸の街に、もっと大人の息抜きの場所がほしい!」と感じたベニコさんとユウさん。

茨城県は車社会なので、歩けば5分の場所にも車で行ってしまうのが一般的。水戸市に昔からある商店街も、人通りが少なくなってるのが現状です。

そんな商店街に「どうしたら人が集まって活気を生み出せるか?」と考え、2012年から「マルシェ・ド・ノエル」というクリスマスマーケットを千波湖のほとりで開催しています。
(今年も、2019/11/15~17の日程で開催!大賑わいでした!)

ベニコさんとユウさん マルシェドノエル 2019にて

装飾にこだわった店舗が数多く並びます

夕方にもかかわらず、お客様がたくさん!

移住後、「茨城県の人たちはすごくシャイ」と感じたそう。
しかし、移住後すぐに起こった東日本大震災では、ベニコさんやユウさんから困りごとを話すと周りの皆さんが親切に助けてくれたそうです。

住んでみて感じる良いギャップもたくさん感じているとのことでした♪

お次は参加市町6つの職員から簡単にまちの紹介、そして最後は個別相談会へと移りました!

北茨城市 お試し住宅申込受付中!

日立市 市内・企業案内ツアー申込受付中!

茨城町 お試し住宅申込受付中!

笠間市 お試し住宅申込受付中!

筑西市

常総市

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

今後の茨城県のセミナーは、下記を予定しています♪ ぜひご参加ください!

12/14(土)13:00~15:00(受付 12:30~)
第3回いばらき暮らしセミナー《参加市町による子育て支援自慢大会!》
出展:常陸太田市・城里町・桜川市・古河市・結城市・潮来市・茨城県
ゲスト:塚田慎(2才児の父/東京→茨城/常陸太田市地域おこし協力隊/お試し住宅管理人/カメラマン)

1/11(土)12:00~15:00
理想の暮らしがきっと見つかる!いぃ那珂暮らしフェア(茨城県那珂市)

■ 2/2(日)鉾田市移住セミナー&地域おこし協力隊募集説明会(茨城県鉾田市)

■ 2/16(日)第4回いばらき暮らしセミナー
出展:常陸大宮市、大洗町、石岡市、かすみがうら市、鹿嶋市、鉾田市・茨城県

 

いばらき暮らしサポートセンター 相談員

藤岡

プロフィール

三重県鈴鹿市出身。幼少期の自然体験・農業体験をきっかけに農学部を志願し、偶然「茨城県」へ。大学卒業後、茨城県常陸太田市の里山に囲まれた宿泊施設で勤務。プライベートで中山間地域の空き家を借りる。慣れない暮らしに悪戦苦闘したものの、地域のなかでいきいきと過ごした時間は宝物。2019年4月より茨城県相談員に着任。

相談員から一言

ふと目をやれば自然がある、お野菜や果物がおいしい、車で少し走れば山も海もカフェもお店もある、個性豊かに生きる人たちがいる。
茨城県に住んでいたとき、私が「豊か」と感じたことです。その半面、大変さを感じたこともあります。
「移住」は「手段」だと思います。ご自身やご家族の叶えたい暮らしや生き方が実現できるかどうか、一緒に考えていきましょう。お気軽にご連絡ください。いばらき、住んではいいとこですよ~!