地域のトピックス

浦河町へ行ってきました!

こんにちは、北海道相談窓口「どさんこ交流テラス」です!

先日、北海道出張があり、浦河町におじゃましてきました。

北海道日高振興局管内の南部に位置し、
四季折々の海の恵みをもたらす太平洋と、雄大な日高山脈にかこまれた自然豊かなまちです。

私は札幌から高速バスに乗って行きました。(3時間20分)

3月下旬、前泊した札幌ではまだ少し雪が残っていましたが、浦河町は...



雪ゼロ!!
でした。

北海道=雪 のイメージが強いですが、
ここ浦河町は“涼しい夏”と“雪の少ない冬”という過ごしやすい気候となっています。

データで見ても一目瞭然です。

そんな浦河町、目の前には太平洋が広がります。夕日がとても綺麗でした。

町内には、浦河でとれた新鮮な海の幸を買える鮮魚店も。海鮮好きにはたまりません!
朝とれた魚がその日の夕方食卓に並ぶだなんて、とても贅沢で羨ましいです。

夜は町内の飲食店で海の幸をたらふく頂きました!!どれも絶品です。

翌日は浦河町役場の移住担当の方に町内をご案内頂きました!

これはJR絵笛(えふえ)駅。無人駅です。

まわりは牧場に囲まれており、

馬がたくさんいました。何とも、のどかな風景です。
浦河は、国内有数の馬産地としても知られており、約3,000頭のサラブレッドがまきば駆けまわる“馬のまち”で、町内には2か所の乗馬体験施設を有しており、暮らしのすぐそばに“馬とのふれあい”があります。

町内を車で走っていると、これぞ浦河!という景色が広がります。

お昼は、町内のパン屋さん「ぱんぱかぱん」へ。
可愛い店名で、思わず口に出したくなります。

テイクアウトはもちろん、店内にイートインのスペースもあり、
海を眺めながら美味しいパンを食べることが出来ます。

パンのほか、浦河産いちごを使用したババロアも美味しかったです!

食べるのに夢中で、パンの写真を撮り忘れました。。

そして、町を一望できる「ルピナスの丘」にも行きました。
まだルピナスは咲いていませんでしたが、綺麗な景色の癒しスポットでした。

この後方には浦河町ファミリースポーツセンターがあり、無料でスポーツを楽しむことが出来ます。

そして、浦河町で「ちょっと暮らし」ができる生活体験住宅も見学させてもらいました。
浦河は「ちょっと暮らし」滞在日数ランキングなんと全道2位の人気を誇ります。

今回おじゃましたのは、【荻伏】という地区にある住宅。

生活体験住宅が3棟並んでいます。(うち1棟は29年3月31日で生活体験住宅としての活用は終了)

徒歩圏にスーパーとコンビニもあるので便利です。
家庭菜園やBBQなどをして過ごすのもおすすめです!

H25年築。広くてきれいで快適です

このほかにも浦河では多くの体験住宅を整備しています。
http://inspot.jp/urakawa_iju/pages/1253

夏は人気なのですぐに満室になってしまいますが、一部の住宅では春の入居はまだ受付中とのこと!
詳しくはこちらをご覧下さい!

 

滞在時間が短く、あっという間の浦河出張でしたが、
海も山も馬も楽しめる浦河の魅力をたくさん感じることができました!

北海道ふるさと移住定住推進センター「どさんこ交流テラス」相談員

大貫

プロフィール

神奈川県川崎市出身。小学生のときに北海道まで自転車で旅行をして以来北海道ファンに。大学卒業後は、関東で広告会社に勤務。2016年11月より「ふるさと回帰支援センター」内の「北海道ふるさと移住定住推進センター どさんこ交流テラス」にて相談員を務める。

相談員から一言

北海道の最大の魅力は、食・自然・人!北海道の市町村は全部で179。圧倒的広さを誇る北の大地には個性豊かな市町村がたくさんあります。北海道だからこそできる豊かな暮らしをぜひお楽しみ下さい。ご興味のある方は是非どさんこ交流テラスへお越し下さい!