地域のトピックス

「生活芸術商売」展 by 檻之汰鷲(おりのたわし) @ 有楽町マルイ 8F

北茨城市地域おこし協力隊の "石渡範雄さん" が個展を開催

「生活芸術商売」展 by 檻之汰鷲(おりのたわし)
空き家から空き家へ放浪してきた芸術家夫婦によるコラージュ作品展を開催します。

概要
理想の生活を作品にするために、ヨーロッパとアフリカの五か国に暮らし、国内の空き家を転々としながらアートを制作してきた芸術家夫婦のアートユニット檻之汰鷲(おりのたわし)による個展が、よしもとアートエンタテインメントと北茨城市の協力のもと、有楽町マルイで開催されます。

日時:2018年12月1日(土)~12月9日(日)11:00 ~ 21:00(日・祝は10:30~20:30)
場所:有楽町マルイ 8F(東京都千代田区有楽町2丁目7-1)
協力:よしもとアートエンタテインメント、北茨城市

お問い合わせ先
檻之汰鷲(おりのたわし)/石渡ノリオ
電話:070-6514-5912
E-mail:norioishiwata@gmail.com

いばらき暮らしサポートセンター 相談員

渡辺

プロフィール

茨城県古河市出身。大学進学・海外留学を経て、一旦Uターン就職後、都内にて就職。教育関連業界、IT業界を経て、2015年5月より「ふるさと回帰支援センター」内の「いばらき暮らしサポートセンター」の相談員をつとめる。

相談員から一言

魅力度ランキングは低くても、結構何でも揃っているのが茨城県。そんな茨城県は、1.温暖な気候と交通アクセスの良さの住みよさ、2.農業と工業がバランスした働きやすさ、3.少子化対策・充実した教育環境が整った子育てにも安心の暮らしやすさがあります。都心への通勤圏内での暮らし、手付かずの豊かな自然が広がる里山での暮らし、海を眺めながらの暮らし、現在のお住まいと茨城県の2拠点での暮らしなど、同じ県内でも文化もライフスタイルも異なる地域特性を活かして、程よい田舎での理想の暮らしを実現することができる茨城県。また、関東屈指の農業大県ということもあり、就農支援にも力を入れています。少しでも茨城県にご興味のある方は、お気軽にいばらき暮らしサポートセンターにお越しください。