【移住・定住の推進】未来につながる里山里海暮らしをサポート! 子どもが好きで一緒にワクワクできる人大歓迎! |地域のトピックス|FURUSATO

移住について相談する
WEBで
相談予約する
無料
×

【移住・定住の推進】未来につながる里山里海暮らしをサポート! 子どもが好きで一緒にワクワクできる人大歓迎!

【移住・定住の推進】未来につながる里山里海暮らしをサポート! 子どもが好きで一緒にワクワクできる人大歓迎! | 移住関連イベント情報

なつかしくて新しいこのまちで、あなたの力を発揮してみませんか?

=珠洲市ってどんなまち?=
能登半島のさいはて・石川県珠洲市(すずし)は、開放的な海と空が広がる、人口約1万3千人の小さなまちです。

・身近な里山里海からの旬の恵みを分かちあう、なつかしい暮らし
・里山里海の新たな魅力をカタチにする、クリエイティブな人々
珠洲市は、2018年にSDGs未来都市にも選ばれており、持続可能な未来に向けて、環境・経済・社会をつなぐ様々な取り組みを進めている「なつかしくて新しいまち」です。

2021年には、珠洲の魅力をアートで再発見する「奥能登国際芸術祭2020+」(通算2回目)を9月4日~11月5日まで開催しました。

=さらなる移住促進に向けて、子育て・教育の魅力アップを目指す!=
今回募集するのは、移住・定住の推進に関することを主な業務とする地域おこし協力隊です。
特に、子どもが好きで、子育て・教育の魅力向上のために積極的に活動していただける方を歓迎します。

珠洲市には、移住支援団体「すず里山里海移住フロント」があり、その事務局としての活動が主な内容となります。
ふだんは移住相談(オンラインを含む)や移住後のフォローをはじめ、ウェブ等での情報発信(珠洲発・暮らしのウェブマガジン「すっとずっと」移住フロントのFacebookなど)に携わっていただきながら、空き家の活用促進、インターンシップの企画運営などを行うとともに、子育て・教育の魅力向上のために、自然体験や探究学習の企画・運営などに取り組んでいただく予定です。

移住フロントでは、これまでにも以下のような子ども向けの体験プログラムを企画・運営してきました。
・市内保育所での身近な自然体験
・親子で楽しむ里山里海体験(夏のキャンプ&海あそび、冬の雪あそび)
今後さらに、子どもたちの好奇心を大人も一緒に楽しむような探究的な学びの場も充実させたいと考えています。

=新しい仲間として、あなたの力を存分に発揮してください!=
現在、移住フロントの事務局は、Uターンの市職員(男性)と、Iターンの地域おこし協力隊員(女性)の2名を中心に運営しています。
4月からの新メンバーとして、ご自身の移住者としての視点やこれまでのご経験などを活かしながら、このまちの未来をひらく子どもたちの学びの充実を図ることで、移住・定住の推進に取り組んでくれる方を募集します。