地域のトピックス

【北海道三笠市】創業90年以上の老舗そば屋の経営を引き継ぐ地域おこし協力隊を募集します(2021/4/30〆切)

北海道の田舎で飲食店を起業してみたいと考えていたあなた…
三笠で蕎麦屋の経営を引き継いでみませんか?

市民に愛される蕎麦と、地域との繋がりを受け継ぎながら一緒に新しいことに挑戦してくださる方を探しています。事業承継する店舗の詳細はこちらへ!

応募は、専用の応募用紙をダウンロードして、メールまたは郵送にてお願いいたします。
採用者が決定次第、募集を終了しますのでお早めにご応募ください。
募集要項・応募様式のダウンロードはこちら!
応募先アドレスはこちら! ⇒ teijyuuk@city.mikasa.hokkaido.jp

田舎に住むってどんな感じなのか、働くお店の雰囲気は?応募をされる前のオンライン個別相談も可能です。ご希望の際は、こちらからご予約をお願いします。

<お問い合わせ>
担  当 三笠市役所 政策推進課定住対策係
受付時間 8時30分~17時00分
電  話 01267-2-3182
メールアドレス teijyuuk@city.mikasa.hokkaido.jp
相談窓口 https://www.city.mikasa.hokkaido.jp/mikasalife/detail/00005500.html

※三笠市移住定住情報サイト「みかさぐらし」もぜひご覧下さい!

北海道ふるさと移住定住推進センター「どさんこ交流テラス」相談員

田中・杉原

プロフィール

田中:北海道古平町出身で、22年間北海道で過ごす。大学生の頃は札幌市で暮らし、就職を機に上京。医療業界で働く。2020年10月より「どさんこ交流テラス」にて相談員を務める。

杉原:北海道美唄市出身。15歳の時に札幌市へ転居。17年間暮らしたのち、家族の転勤に伴い上京。2017年8月より「どさんこ交流テラス」にて相談員を務める。

相談員から一言

田中:北海道は広大なため、同じ道内でも気候や産業、暮らしもそれぞれ特徴があります。海も山も地方都市も雪もあるので、ご希望の暮らしができるまちが見つかると思います。北海道でしか見られない、雄大な自然やおいしい食べ物に囲まれた豊かな暮らしをしてみませんか?

杉原:北海道で生まれ育ち、北海道以外の場所では暮らしたくない、と思っていましたが、縁あって東京で暮らすことに。離れていても、大好きなふるさとのために働きたい、との思いからこの仕事に就きました。
私もそうですが、道産子は地元愛が強い人が多いと言われています。みなさんも自然、食、人など魅力あふれる北の大地で「豊かな」北海道生活を実現しませんか?冬は寒いですが、その寒さや雪が北海道の「豊かさ」を作り出しています。お一人おひとりにとっての良いまちを探すために、お手伝いさせていただきます!