地域のトピックス

福島県鮫川村 地域おこし協力隊2名募集 !

鮫川村は、福島県の南端、東白川郡の北東部に位置し、東は古殿町といわき市に、西は浅川町と棚倉町、南は塙町と茨城県、北は石川町に接する、人口約3,200人の小さな過疎の村です。
自然環境に恵まれ、里山の生活文化が残り、人々の距離感が近いのが特徴的で、コンパクトで持続可能なライフスタイル「まめな暮らし」を追求する村です。
まめな暮らしとは、世代を超えた文化伝承、自然との共生、地域の和などあらゆる細やかな「つながり」を大切にする生き方のことをいい、鮫川村では、人と人、人と自然、人と社会といったさまざまな「つながり」を生かしながら、未来へつなげるコミュニティづくりが進められています。

現在、鮫川村においても、他の過疎地域と同様、都市部への人口流出や、少子高齢化によって人口減少が一層加速し、地域の担い手不足や空き家の増加、行事ができなくなるなど、日常生活に支障が出始めていて、今後ますます深刻になることが予想されています。また、産業分野においては、基幹産業である農林業の支援はもちろんのこと、若者の雇用の場を確保するための工業団地の造成・企業誘致や、地域経済の活性化につなげるために、観光地の整備やグリーン・ツーリズムの推進により都市部の住民が来村する機会を増やしたり、農産物直売所の整備により農家の所得向上や特産品の開発につなげるなどの村づくりも実施してきていますが、根本的な課題の解決には至っておらず、思い切った新たな対策が求められています。
さらに、人口減少に伴い、廃校となった小学校の校舎や、有効活用されていない公共施設などの資産を生かし、空き家を解消していくことも大きな課題となっています。これらの解決のため、東京都心まで車で2時間程度という本村の地理的環境を生かして、関東地方に立地する企業のサテライトオフィスの候補地として、これらの施設を活かせる可能性があることや、今後ますます東京圏・中京圏といった都市部からの移住希望者の増加が見込まれることなどから村内に新しい働き場所や新しい働き方を創出するとともに、UターンやIターンによる移住・定住人口の拡大にもつなげていきたいと考えています。

今後、人口減少がますます加速し、担い手不足によって地域経済が一層低迷してしまう恐れがある中、これからの村づくりに活躍いただける元気な人材を求めるため、「地域おこし協力隊」の募集を行います。

【募集内容詳細・応募方法はこちらをご覧ください】
① 空き家対策業務 1名
② 鮫川村直売所コーディネーター業務 1名

福が満開、福しま暮らし情報センター 相談員

新妻・佐藤

プロフィール

新妻:高校卒業までを富岡町で過ごす。大学入学と同時に上京し、都内で就職。高校生の進路行事を企画運営する企業、個人住居リノベーションのコーディネート、司法書士事務所事務を経て2018年4月より福が満開、福しま暮らし情報センターの相談員に。

佐藤:高校卒業まで福島県南相馬市(旧原町市)で過ごす。大学卒業後、大手百貨店に入社し、企画・宣伝・広報業務を中心に36年間勤務。2019年11月より、ふるさと回帰支援センター内「福が満開、福しま暮らし情報センター」の移住相談員として勤務。

相談員から一言

新妻:福島県は奥羽山脈と阿武隈高地の山並みを境に、会津地方・中通り・浜通りの3つエリアに分かれています。その地形から、それぞれが気候も歴史も暮らしも異なる大きな県です。雪、里、山、海…など、ご自身に合った理想とする暮らしがどこかできっと適えられると思います。福島の人は粘り強く親身で心根は熱いです。そんな福島が気になった方は一度センターへお越しください!

佐藤:今まで日本中いろいろな場所で暮らしましたが、どこも素晴らしいところばかりでした。
そんな中でもふるさと福島は四季の移り変わりがとてもはっきりしているところだと思います。
山々の景色・鳥たちの声・満天の星空・果物の豊富さ・旬の魚・空気の匂いなど、四季の変化を感じるものが盛沢山です。ぜひ福島に来てご自身で福島の魅力に触れてください。