地域のトピックス

【日田市】先輩移住者さんの「ひた暮らし」

日田を好きになり、日田に住み始め
「ひた暮らし」を楽しんでいる方をご紹介します

大分県日田(ひた)市では、日田を好きになり、日田に住み始め「ひた暮らし」を楽しんでいる方をご紹介する「移住者新聞」を発行しています。このたび、新しい新聞ができました。

最初は、東京から移住し、日田市豆田町にソーセージとドイツビールを提供するカフェバー「リヒト」を開いた永田さん。お店の経営を軌道に乗せて店舗を拡大し、状況に応じて宿泊業へも広げることで豆田の活性化に貢献していきたい、とお話しされています。

そして、アメリカから移住したスコットさんご夫妻。福岡で物件を探し始めたもののなかなかいい物件が見つからず、ネットでたまたま現在住んでいる物件を見つけて日田市への移住を決めたそうです。落ち着いたら、これまでの経験を生かした通訳のお仕事もしていけたら、と考えていらっしゃいます。

詳しいお話は、ぜひ、こちらよりお読みください。
永田さんの「ひたくらし」⇒ 202011ijusyasinbun.pdf (city.hita.oita.jp)
スコットさんご夫妻の「ひた暮らし」⇒ 202101ijuysasinbun.pdf (city.hita.oita.jp)

「ひた暮らし」については、こちらをどうぞ。
ひたにおいでよ

おおいた暮らし 相談窓口 移住コンシェルジュ

砂田

プロフィール

神奈川県鎌倉市生まれ。大分県出身の夫の転勤により2年間の海外暮らし。帰国後は秘書や大分県東京事務所での観光案内の仕事を経て、移住コンシェルジュに着任。

相談員から一言

海あり山あり温泉ありの大分県。名前の知られた観光地ばかりでなく、多様な地形と気候、豊富な種類の食材などによって、各地に魅力が散らばっています。
おおいたでの新しい暮らしの第一歩を踏み出してみようかなと思ったら、お気軽に立ち寄ってみてください!