地域のトピックス

先輩農家のリアルな体験談が満載!山梨就農ライフ@マイナビ農業

やまなしは首都圏から近く、豊かな自然や気候に恵まれているため農業がとても盛ん。
寒暖差の大きく日照時間が長い特徴を生かし、フルーツ(桃やブドウ)、野菜(トマトやトウモロコシなど)をはじめ様々な農作物が作られています。

そんな山梨に移住して農業をナリワイにしていきたい!という方もとても多いんです。
でも、未経験からはじめることができる?十分な収入は得られるの?どんな生活になるの?など不安はつきもの。

そこで山梨県では、マイナビ農業と連携してさまざまな情報発信、オンライン就農座談会の開催などを行なっています。
山梨で生きる 就農ライフ(マイナビ農業内特設ページ)

こちらのサイトでは、先輩就農者のリアルな実態を掲載!
・どのように就農を進めたか
・どんな作物をどのくらいつくっているか
・1日のタイムスケジュール
・苦労しているポイント
といった参考になる情報がたくさん載っています。ぜひイメージを膨らませてみてください。

また山梨県では、移住・就農したい方向けにワンストップの相談窓口を設けています。
オンラインでの個別相談も実施していますので、何から始めたらいいかまず聞きたいという方はお気軽にご利用ください。
山梨県就農支援センター(就農)
やまなし暮らし支援センター(移住総合)

やまなし暮らし支援センター 移住専門相談員

齋藤・渡邊

プロフィール

齋藤:山形県生まれ。大学のゼミをきっかけに山梨県富士吉田市へ移住。地域おこし協力隊として活動後、「東京から地域と関わる」ことを模索し、通販会社やふるさと回帰支援センターの全国移住相談員を経て、2019年より現職。ご当地グルメが大好きな一児の母。

渡邊:東京都北区出身。短大卒業後は東京にて就職。旅行業界を経て、山梨県には観光やキャンプ等で度々来訪していた。以前より親しみやすさを感じており、ご縁があって2022年4月より「やまなし暮らし支援センター」移住専門相談員として着任。

相談員から一言

齋藤:都会にも自然にも近いのが山梨県の魅力。海はないけど湖がある、高層ビルはないけど富士山や八ヶ岳がある、空港はないけど東京に日帰り往復できる。そして小さな県だからこそ人とのつながりで面白いことがたくさん生まれています。気軽な二拠点居住から本格的な田舎暮らしまで、皆さんの思いをぜひお聞かせください!

渡邊:山梨県は都心から近くアクセスも抜群なので、週末リフレッシュや二拠点居住にもおすすめです。都市部は利便性が高く、郊外は美しい農村風景が広がり、心が安らぎます。また、一年を通して温暖な気候のためとても過ごしやすいのも特徴。さらに新鮮な果物や野菜、水も美味しいため、お酒やワインも格別です!多種多様な移住のスタイルに応じていきたいと思いますので、ぜひお気軽にご相談ください。