地域のトピックス

【桐生市・黒保根町】1名・随時募集!地域おこし協力隊

【随時募集】桐生市地域おこし協力隊員1名 農林業(黒保根町)

桐生市・黒保根町(くろほねちょう)ってどんなところ?
桐生市は、群馬県の東部エリアにあり人口は約10万人の東京から約100㎞、電車でも車でも約1時間程度の地点にあります。桐生織や銘仙の産地としても名が知られています。


今回募集している黒保根町は、赤城山東麓山間傾斜地に位置し、南部には渡良瀬川(わたらせがわ)が流れる風光明媚な町です。
古くは平安時代に奥州から京に上る道沿いとして、また江戸時代になると、足尾銅山から銅を搬出する街道沿いとして賑わいました。
今では国道122号と旧国鉄足尾線の「わたらせ渓谷鐵道」が渡良瀬川に沿って走り、美しい自然の四季を感じられるこの路線は多くの人を魅了しています。

活動内容は「農林業」で募集されていますが、他の業務での募集もあります。

↓↓↓ 活動概要 ↓↓↓
活動については、下記の中から希望する活動を選んでいただくことも可能です。
(1)黒保根町の農林振興業務
(2)観光資源の振興業務(観光客[インバウンド含む]の誘客)
(3)黒保根町の特産品の販売促進及び地域食材を使用した新商品開発
(4)高齢者の見守りや引きこもり対策支援
(5)黒保根町の魅力や情報の発信、イベント等の企画・実施
(6)自身の知識や経験を活用した地域活性化、地域力向上に係る活動
※活動内容は隊員の知識や経験を活かせるよう相談しながら決定します。
(7)黒保根町の有害鳥獣に関する業務

お問い合わせ
桐生市黒保根支所 市民生活課 庶務・税務係
〒376-0196 群馬県桐生市黒保根町水沼182-3
Email:k-shiminseikatsu@city.kiryu.lg.jp
Tel:0277-96-2111 FAX:027-243-3522
ウェブサイト:http://www.city.kiryu.lg.jp/index.html

募集詳細はこちらをご覧ください。
桐生市地域おこし協力隊募集要項(H28~R2)
桐生市地域おこし協力隊員応募用紙 兼 履歴書

ぐんま暮らし支援センター ぐんま暮らし相談員

藤田・上原

プロフィール

藤田:生まれも育ちも群馬県高崎市。地元の大学を卒業後、旅行会社に勤め前橋営業所勤務からスタートし、東京転勤を機に東京定住となった。旅行会社を卒業後、ぐんまちゃん家で観光案内員の仕事をしたご縁で現在の相談員となる。

上原:群馬県安中市出身。高校まで県内の関東平野で暮らす。「雪のある土地で暮らしてみたい」と秋田県の美術短大で下宿生活を送った後、工芸職の仕事を求め愛知県で就職。その後、群馬に住む家族をサポートするため東京で転職し、安中市磯部温泉でのボランティア活動を通じ地方移住を考える。2020年4月より「ぐんま暮らし支援センター」相談員として着任。

相談員から一言

藤田:ぐんまの魅力は、5つあります。都心からの距離感(100キロ・1時間)、交通網の充実(新幹線・高速自動車道・5つの鉄道)、豊富な水資源・長い日照時間により全国有数の農業県、全国2位の物価の安さ、そして強固な地盤に守られた安心安全な土地柄、子育てに最適です。一度おいでください。

上原:首都圏と農村地の両方に手が届く群馬県は、「ちょうどいい」暮らしができる土地です。海はないけれど、川の恵みを受けた豊かな農作物がとれるほか、「上毛三山」に代表される自然も絶景です。何気ない日常を送る中で「ちょっといいぐんまの魅力」があります。仕事も遊びも選んで生きていける、選択肢が豊富な群馬県での暮らしを一緒に考えませんか?