地域のトピックス

「UIターンしまね産業体験事業」自然と人に囲まれた中で研修しながら自分らしい生き方を見つけませんか?

◆UIターン産業体験事業って何?
島根県にU・Iターンし農業・林業・漁業・伝統工芸・介護いずれかの分野の産業を体験する場合、滞在に要する経費を一部助成しています!また、体験される方が中学生以下のお子様を同伴される場合には「親子連れ助成金」もありますよ(*’▽’)♪

◆事業概要
・対象:①県外在住のUIターン希望者
②県内で地域おこし協力隊として活動し終了後も県内に在住する者(活動終了後1年未満)
③県外から県内の大学等に進学し卒業後も県内に在住する者(卒業後1年未満)

・対象業種:農業・漁業・林業・伝統工芸・介護等

・助成期間:3か月以上1年以内 ※伝統工芸は2年

・体験者助成額:12万円/月 ※ただし、以下の場合6万円/月
①県内に居住している父母または祖父母と同居の場合
②二親等以内の親族が受入先となり、体験を行う場合
③伝統工芸の2年目
・親子連れ助成額:3万/月(1世帯につき) ※体験者助成に上乗せ

◆産業体験の流れはこんな感じ
①まずは資料を入手しよう!
産業体験の資料請求・問い合わせ等については「ふるさと島根定住財団」へ!

②やってみたい産業体験の方向性が決まったら?
まずは「ふるさと島根定住財団」にご連絡ください!あなたのご希望などを聞いて
関係機関や市町村をご紹介します。受入先の候補を絞り込んだら見学や体験をして
いただき、ご自身にあった受け入れ先を決めていきます。

③受入先決定!
受入先の採用方法や内容を確認した上で、決定します。
体験中の住居については市町村や受入先からの紹介、その他関係者からの紹介に基づき
決めていきます。

④産業体験が決まったら?
当財団の担当者と受入先の担当者、および体験者本人同席の上で面談を行います。
その際に申請書をお渡ししますので必要事項に記入後、当財団に提出していただきます。

⑤審査後、「助成決定通知」を送付します。
産業体験開始後は3か月に一度「助成金給付申請書」や「産業体験実施内容報告書」を
提出いただきます。これらの書類を確認した後、当財団は3か月ごとに助成金の実績払い
を行います。 終了時には「終了報告書」の提出をお願いしています。

このような流れとなります!当財団の支援員がしっかりサポートするのでご安心ください
(^_-)-☆

 

「UIターンしまね産業体験事業」は23年の実績がありこれまで約2000人の方が体験をして
います。
これまでの体験者のレポートや受入先など、詳しく知りたい方はまずサイトをご覧くださ
い!

▼「UIターンしまね産業体験事業」のサイトはこちら
https://www.kurashimanet.jp/event/detail/766/

《お問合せ先》
公益財団法人ふるさと島根定住財団(UIターン推進課)
TEL:0852-28-0690 / FAX:0852-28-0692
E-Mail: uiturn@teiju.or.jp

センター相談員

プロフィール

河野、藤野、三浦、進藤、中西、佐藤、片山、伊藤

相談員から一言

住みたい地域がまだ決まっていない方や、相談員がいない県の相談は私たちがお受けします。

どうぞお気軽にご来場ください!