移住相談員紹介

「やまなし暮らし支援センター」移住専門相談員

インタビュー記事は公開準備中です

やまなし暮らし支援センター 移住専門相談員

宮崎・長島

プロフィール

宮崎:北海道苫小牧市出身。小学校2年生の冬、父親の転勤に伴い横浜と東京に居住。東京で就職し、34年間一貫して電子回路設計業務に従事する。定年前に退職し、2021年7月より「やまなし暮らし支援センター」の相談員として着任。

長島:群馬生まれの大分育ち。大学進学を機に上京し、卒業後も東京で就職。映画・映像業界、アパレル、家具メーカーで勤務する。前職で富士吉田市周辺へ度々訪れていたこと、山梨出身の友人知人が多いこと、なじみの飲食店が山梨に移転など、なぜか山梨にまつわるエピソードが続いたことをきっかけで興味を抱き、2021年5月より相談員を務める。

相談員から一言

宮崎:6年間、山梨での単身赴任を経験しました。自然、温泉、果物に魅了され、単身赴任が終わっても毎月のように通うようになりました。情報収集に努めて、首都圏から近い山梨の魅力を伝えたいと思っています。お気軽にやまなし暮らし支援センターへお越しください!

長島:山梨県は移住先として人気の場所です。自治体・関係機関と連携しサポートいたします。皆さまの思い描くやまなし暮らし、ぜひお聞かせください。窓口で待っています