移住相談員紹介

「高知県移住相談窓口」UIターンコンシェルジュ 坂本さんインタビュー

ありのままを受け入れてくれる温かい高知県での挑戦をサポート

「高知県移住相談窓口」UIターンコンシェルジュの東京窓口は坂本さん・高崎さん・安田さんの3名。高知県出身の坂本さんに、東京で暮らして改めて感じた高知の魅力について伺った。

坂本さんインタビュー(2020年着任)

-まずは高知県との関わりや、「高知県移住相談窓口」で働くことになったきっかけを教えてください。

私は高知出身で、20代前半までずっと高知で暮らしていました。学生の頃から、高知の中山間地域と都市部の地域交流に取り組んでいました。経験を生かし高知県のためになる仕事をしたいと思っていました。

-県内各エリアについて教えてください。

東部エリアは室戸岬やジオパーク、馬路村の柚子など見どころや名産も多く、安芸市は阪神タイガースのキャンプ地としても選ばれています。また、高知市や南国市がある県の中部エリアは、ちょっと田舎でほどよく都会のコンパクトシティで、生活の利便性が高いことが特徴です。高知市はよさこい祭り発祥の地でも有名です。

黒潮町・砂浜美術館のTシャツアート展

-「高知県移住相談窓口」を利用される方はどんな方が多いですか?

最近は空き家や仕事の掘り起こし等、移住に関する先進的な取り組みをメディアが取り上げることもあり、それを知り相談に訪れる方も多いです。テイクアウトできる高知の飲食店をウェブサイトで紹介・運営をしている方が、Uターン起業した例もありました。

坂本さん

-高知県の魅力はどういったところでしょうか?

余計なお節介が大好きで(笑)、愛情にあふれた人が多いと思います。「どこの誰さん」、などちょっとした情報をくれたり、応援してくれたりと自分に自信が持てる環境だと思います。

-最後に、高知への移住を考えている方にメッセージをお願いします。

高知と東京の暮らしを比較して、知りたい的確な情報をお伝えいたします。ささいなことでも大丈夫ですので気軽にお越しいただきたいです。おいしいものいっぱいで人も気候も温かい高知県。ぜひ、検討してください。

(※このインタビューは2020年7月におこなわれたものです)

高知県移住相談窓口 UIターンコンシェルジュ

高崎・坂本・安田(写真準備中)

プロフィール

高崎(左):生まれも育ちも高知県。漁師町の新鮮な魚を食べて育つ。2021年よりふるさと回帰支援センター内「高知県移住相談窓口」UIターンコンシェルジュとして着任。

坂本(右):20代前半までを高知県で過ごす。2020年より現職に就き、長年の地域活動の経験を踏まえて高知市内~山間部までの幅広い田舎暮らしを提案。

安田:高知県高知市出身。Uターンした2014年から高知県のUIターンコンシェルジュとして従事。県内市町村や企業などを訪問してきた豊富な経験を活かし、高知県内の暮らしや地域ごとの魅力、仕事、住まいなどを紹介する。2021年より東京窓口に着任。

相談員から一言

高崎(左):海、山、川、地方都市もある高知県。高知でしか見られない雄大な自然や、おいしい食べ物に囲まれた豊かな暮らしをしてみませんか?これまで高知県内の市町村を周ってきた経験を活かし、自分の目で見てきたありのままの地域情報を伝えたいと思います。お一人おひとりのお話を伺い、最適な高知県での生活を提案させていただきます!

坂本(右):四国に行ったことはあるけれど高知県には行ったことがない、という声をよく耳にします。都市部からは離れている上に四国の中でも太平洋側に位置するためなかなか行く機会がないとか。もったいない!高知県には、あなたの求める地方移住があるかもしれません。高知に行ったことがある方もない方も、あなたの知らない高知の魅力をこじゃんと(土佐弁でたくさんという意味)お伝えします!ぜひお越しください。

安田:なぜ移住したいのか、どんな暮らしを送りたいのか?「移住」という選択は決して簡単ではありません。だからこそ私たちの窓口を通じて高知県内のリアルな情報を知ったり、実際に体験したりしながら検討していただきたいと思っています。高知県内の魅力的な地域や仕事、人などの情報をたくさんご用意してお待ちしております!これからの暮らし方を考えるとき、ぜひ私どもの窓口をご活用ください。