移住相談員紹介

「神戸くらし なんでも相談窓口 パートナー」早川さん インタビュー

暮らし方も楽しみ方も無限大!コンパクトシティ神戸の魅力を感じてほしい

「神戸くらし なんでも相談窓口」パートナー の早川さんは神戸市垂水区出身。転勤をきっかけに上京し、今まで気付かなかった神戸の魅力を再発見したとのこと。阪神淡路大震災での被災経験や西日本豪雨の災害復興ボランティアの参加も後押しになり、現在は相談員として活躍している。日々の相談業務や神戸市の魅力についてお話を伺った。

地元神戸の情報をより多く東京で。新拠点の立ち上げに全力で取り組みたい

―相談員になったきっかけについてお聞かせください。

私は神戸市出身で、20代までずっと地元で過ごしました。前職は教育関係の仕事で、社会人教育や資格取得の営業、販促、企画、学童保育の立ち上げなどに関わり、大阪勤務を経て東京に来ました。

2018年の西日本豪雨や台風被害の際に、東京では現地の情報を得ることが難しいと感じたことと、自分の育った西日本で何か役に立てる事がないかと思い、岡山県の水害地域に災害復興ボランティアとして参加しました。それをきっかけに人や地域と接することに興味を持ち、新しいことにチャレンジしたいと思うようになりました。
東京に戻ってからは意識的に新しいコミュニティに参加するようになり、東京・大手町で神戸出身者や神戸好きが集まる「KOBE Lab」というイベントに参加しました。そこで神戸市の東京事務所の方と知り合い、相談員の募集があることを教えていただきました。
神戸市のブースは2020年3月に立ち上げたばかりで、私は6月から着任しました。相談業務だけではなく新たな仕組みを一から作りあげることも任され、日々やりがいを感じています。

暮らしのイメージを明確に。Uターン希望の多さも特徴

―これまで、どのような相談を受けましたか?相談者の傾向についてお伺いします。

相談者の年齢は30代から50代が多く、神戸市出身のUターン希望が全体の約半分ほど、四国や瀬戸内海地域出身者を含めると約6~7割になります。

私もそうですが、「暮らしやすく便利な神戸が大好きで、いつか帰りたいと思っている」方がとても多い印象です。また、農村や里山が身近にあるため、三宮など都心部でもファーマーズマーケットが開催され、新鮮な野菜を手に入れることもできます。田舎暮らしを希望する方も多いですが、話を聞いたりイベントにご参加いただくと、神戸市の多様な暮らしに驚く方が多いですね。

相談者は生活を変えたい、より良い暮らしをしたいという希望をもって訪れていますので、どのような暮らしのイメージがあるのかをしっかりとヒアリングするように心がけています。移住後のイメージも漠然としている状態でしたら、ここを訪れた経緯などから何らかのきっかけを提案できるようにお話をしています。

山も海も街も!多様な暮らしが選べるコンパクトシティ

―神戸市の魅力についてお聞かせください。

アジュール舞子から眺める夕暮れ時の明石海峡大橋(垂水区)

瀬戸内海式気候のため一年を通して温暖で過ごしやすく、山も海も都会も農村もありますし、どのエリアからも都心部である三宮に60分以内に行けるコンパクトな街です。街もあるけど、自然の中でほっこりもできるのが神戸市です。約150万人が暮らす政令指定都市ですが、人口密度はそれほど高くはありません。

市内には個性豊かな6つの居住エリアがあり、好みやライフスタイルに合わせて選択することが可能です。

神戸市北区大沢で採れたスイートコーン

グルメでは、おしゃれな洋菓子やパン、「そばめし」や牛すじ肉を甘辛く煮た「ぼっかけ」などのソウルフードも充実しています。春には「いかなごのくぎ煮」といった地元の味も堪能できます。
神戸出身者でも知らないことがたくさんありますので、発見してどんどん魅力を発信していきたいです。

現地へ行って体感するのがおすすめ。神戸の魅力を味わってほしい

―最後にメッセージをお願いします。

古くから外国人を受け入れてきた歴史がある神戸は様々な文化が集まり、どんな人にも寛容な対応ができる土壌があります。神戸が気になったら是非現地を訪れて、その土地の空気感やコミュニケーションも楽しんでいただきたいと思います。都市機能の充実はもちろん、海辺を眺めながらのランニング、六甲山の山登り、里山ののどかな風景など神戸ならではの自然を楽しむこともおすすめです。また、大阪・京都や四国などへのアクセスも良いので少し足を延ばせば近隣エリアも楽しめます。暮らしのバランスに優れた過ごしやすい神戸を訪れてみてはいかがでしょうか。

どんなことでも一緒にお話ししながら考えていければと思いますので、窓口にも気軽にお越しください。

神戸くらし なんでも相談窓口 パートナー

早川

プロフィール

神戸市垂水区出身。教育系の会社で社会人向けの資格取得やキャリアアップのサポート、企画・販促、学童保育事業などに携わる。転勤を機に2013年に上京、地元を離れたことで今まで気付かなかった地元の魅力を再発見し、すっかり神戸ファンに。東京で開催された神戸のイベントに参加した縁で、2020年6月より現職。
旅が大好きで、あと1県で47都道府県制覇です!

相談員から一言

神戸の魅力は、なんといっても山と海の景観!見た目の美しさだけでなく、六甲山脈と瀬戸内海に囲まれた穏やかな気候で、1年中過ごしやすいことも魅力のひとつです。おしゃれな洋菓子やパンだけでなく「そばめし」や牛すじ肉を甘辛く煮た「ぼっかけ」などのソウルフードも充実しており、春には「いかなごのくぎ煮」といった地元の味も堪能できます。また都市部では珍しく、市街地の近くに農村エリアもあり、自給自足の取り組みも積極的です。

街も自然も楽しめる、訪れても住んでもきっと誰もが好きになる神戸。ぜひそんな神戸くらしをサポートさせてください!