移住相談員紹介

「ちょこっと田舎・かながわライフ支援センター」相談員 柳沢さんインタビュー

これまでの経験を活かして、神奈川県の移住促進活動をサポート!

東京から約160㎞の新島に移住した経験を持つ柳沢さん。これまでの経験を生かして「ちょこっと田舎・かながわライフ支援センター」にて移住促進活動を行っています。柳沢さんに相談員になった経緯や現在の活動について話を聞きました。

得意なことを活かしながら、地域の人たちと支え合う「田舎暮らし」

-新島で移住生活をされていたとのことですが、きっかけを教えてください。

秋田県で生まれ育ち、就職を機に18歳で上京しました。都内のホテルなどで仕事をした後、福祉の仕事に就くため学校へ入りました。卒業にあたり、都内や湘南エリアなどで就職活動をしたのですが、なかなか条件の良いところがありませんでした。湘南エリアを希望したのは大好きな海の近くで暮らしたかったからなのですが、そういえば島へ行けば周り全部海だよな、と。

たまたま新島の福祉施設で求人があり、問い合わせをした数日後に面接を受けるために新島へ行きました。新島へ行くのも初めてだったので、こちらからお願いした条件は「住むところだけ世話をしてほしい」というただひとつだけ。それ以外は大して確認もしなかったため、初任給の額を知ったのも支給されたタイミングでした(笑)。

新島村にいた頃は日常的に自給自足の生活をしていた(栁沢さん)

-島での移住生活はどのような感じでしたか?

福祉の仕事は4年半ほど携わり、その後はアート活動(作品作りとアートスクールの運営)や環境保全・啓蒙活動をメインに都立高校で非常勤講師や村の介護予防事業をしていました。シーグラスや流木、貝殻でアート作品やアクセサリーを作ったりしていたので、近所の子供と一緒に海へ出て、材料集めを兼ねてゴミ拾いをしたりしていたんです。そういう姿を地域の人たちが見ていてくれて、小学校からもゲストティーチャーとして招かれたり、作品の作り方を教えるために講師をしたり。島興しの活動や漁師の手伝い、庭の畑を耕したりもしましたね。

島での生活は、都心のように安定した収入が得られるとは限らず、「その日暮らし」のようでした。会社のような縛りがなくなる分、自由度も高くなりますし、地域の人たちはそうやって助け合いながら暮らしているので、僕みたいに複数の仕事から収入を得るスタイルもよくあります。

空き店舗をアトリエにしたり石造りの古民家に住んだりと、セルフリノベーションも大変でしたが楽しかったですね。家庭の事情で島を離れるまでの15年間、そんな田舎暮らしを楽しんでいました。

相談員になったきっかけとは

-ちょこっと田舎・かながわライフ支援センターで働き始めたきっかけは何でしょうか?

新島での経験は、一般企業ではなかなかキャリアとしては認められず、15年間ドロップアウトしたような扱いになってしまいます。ですが、移住関係の仕事であれば「ちょっと面白いヤツがいるぞ」と捉えてもらえるのではないかと考えました。ちょうどその時にふるさと回帰支援センターの求人を見つけました。面接でも神奈川県は移住促進活動を最近始めたばかりで情報も少ない、スタートラインに立ったばかりだがそれを前提にやってみないかと言われ、2016年4月に就任しました。

-神奈川県内での「地方暮らし」とは、どのようなイメージになるのでしょうか?

神奈川県は首都圏の中でも東京に次いで交通網が発達していますので、都心やご自身の出身地へもアクセスしやすいのが強みだと思います。そのため、スタイリッシュで便利な生活と豊かな自然の中での田舎暮らしを両立させたいというニーズを満たすには、最適の場所だと思います。

地方への移住を考えている方がよく挙げる不安として「地域の人たちになじめるかどうか」というものがありますよね。都心の温度感、人や地域との距離感に慣れている方が、田舎のコミュニティの在り方を知らずに行って疲弊してしまうのは非常に残念なことです。ですが、その面でも神奈川県は選択の幅が広いという特徴があります。地域の活動にも関わりながら古民家をリノベーションするなど田舎らしい生活を送ることもできますし、地域との関わり方に不安があるならば、マンションや別荘地など比較的都心の温度感に近い環境から暮らし始めることも可能なのです。

県内で人口減少の気になる地域の移住促進活動をサポート

-「神奈川県で移住促進活動」というと意外な印象を持つ方もいるかと思いますが、具体的にはどのような活動をされているのでしょうか?

神奈川県全体でいえば人口は年々増加しているため、県として移住促進の活動に取り組んだのは、最近です。というのも、県内にも三浦半島や県西部など人口減少が始まっている地域があり、そこへの手立てをする必要が生じてきたんですね。現在はそういった地域の魅力を知っていただくためのイベントを開催したり、センターの窓口で移住希望の方の相談に応じたりしています。

-相談にはどのような方がいらっしゃるのでしょうか?

相談に来られる方は20代~80代と幅広いのですが、他県と比べると中高年の方の割合が若干多い印象ですね。移住に必要な最低限の情報として、雇用と住宅に関するものがありますが、神奈川県の場合インターネットで情報が集めやすいので、若年層の方はご自身の力で移住に向けて動かれる方が多いのかもしれません。行政の立場という側面もある「かながわライフ支援センター」としては、ネットを使ってご自身で情報を集めるのが得意ではない方をサポートするのもひとつの役割と考えています。

地元民として、移住経験者として。2人だからこそできるサポートを全力で

栁沢さん

-主にどのようなアドバイスをされているのですか?

新島で移住生活をしていたときの経験を踏まえて、移住するにあたり調べておくことや心構え、想像される移住後の暮らしなども含めてアドバイスさせていただくことが多いです。どこの地域でもいえることですが、移住前までより移住後のほうが大変です。移住先でどう暮らしていくのか、地域の方たちとどう関係を作っていくのか。そういった、移住に関する地域情報だけでなく、もう少し外側にある概略についてもお話しています。

自分が移住者だったからこそ、移住を希望される方の味方でありたいと考えています。常に移住を希望される方に寄り添い、自治体や地域との架け橋となれるよう取り組んでいます。

-最後に、神奈川県への移住に興味がある方へのメッセージをお願いします。

神奈川県であれば、まずは最初のステップとして「ちょこっと田舎」の暮らしをすることもできますし、さらに踏み込めば、近所のおばちゃんが「最近見かけないけど、元気にしてるの?」と野菜を持って訪ねて来てくれるような、そんなお付き合いができる田舎もあります。海が近い三浦半島、湘南地域、歴史ある小田原周辺はもちろん、山がお好きなら足柄や丹沢など、日常生活を取り巻く環境も充実しています。そして発達した交通網で都心へすぐ出ることもできます。さまざまな「田舎暮らし」を実現できる環境だと思います。

移住する、というのは少なからずその人にとって人生の岐路となる選択です。そこに関わらせていただくからこそ、移住生活経験者として必要なサポートや相談には全力で対応しています。

ちょこっと田舎・かながわライフ支援センター 相談員

柳沢・堀江(写真準備中)

プロフィール

柳沢:伊豆諸島の新島にて15年間の移住生活を経験。島ではフリーランスでアート関係・環境保全活動・都立高校の非常勤講師・介護予防事業・漁師の手伝い・島おこし等々マルチインカムな生活スタイル。20年以上使われていなかった店舗を借りてアトリエにしたり、石造りの古民家を借りて住んだりとセルフリノベーションも経験。こんな私だからこそ伝えられる事があると2016年4月「ちょこっと田舎・かながわライフ支援センター」相談員に着任。

堀江:群馬県出身。高校を卒業後、大学進学のため神奈川県へ。都内で就職し、アパレル・金融・建設業界を経験。結婚、出産を経て現在は横浜市に在住。子育て世代となったことで人とつながることの大切さを実感し、地域の子育てカフェのパートナースタッフやオンラインの母親コミュニティの運営メンバーとして活動。人と地域がつながることの面白さにも目覚め、2021年11月より着任。

相談員から一言

柳沢:東の三浦半島から西の湯河原まで、ゆるやかな弧を描く海岸線。丹沢大山・箱根に広がる美しい山並み。豊かな歴史と多彩な文化。都心近くにありながら、水や緑に囲まれた「ちょこっと田舎」な神奈川で、ゆったりと暮らしてみませんか?

堀江:神奈川県には、海、山、川、都市、歴史と文化、それぞれのフィールドにそれぞれのライフスタイルがあります。そしてそこには、まちを面白くする人と人のつながりがあります。どんな暮らしがしたいのか、ぜひお話を聞かせてください。ピッタリの場所を一緒に探しましょう!お待ちしております。