移住関連イベント情報

このイベントは終了しました

【移住交流分野】令和4年度白石市地域おこし協力隊募集

白石(しろいし)市は、宮城県の南端に位置し、東西の蔵王連峰と阿武隈山系に囲まれた盆地のほぼ中央に市街地が広がり、7割を山林が占める自然豊かな場所です。市の中心部に「白石城」があり、市内を流れる清流「白石川」から引いた堀割と呼ばれる水路が網の目状に通っており、歴史と水音が響く片倉小十郎の城下町として四季のイベントやお祭りが開催されています。また、宮城の玄関口として東北新幹線「白石蔵王駅」から東京まで2時間弱、仙台市・福島市といった中核都市へのアクセスも50km圏内にあり、交通の要衝として発展してきました。
一方で、少子高齢化による人口減少が続いており、まちの活力を維持するため移住定住の促進を図っています。本市では、2018年より白石市移住交流サポートセンター「109-one(トークワン)」を開設。3つの目標「移住・定住の総合窓口」「移住者と地域の交流の場」「交流人口・関係人口の増」を掲げて活動を展開し、移住交流コーディネーターと地域おこし協力隊が運営を担っています。
そこで今回は、一緒に移住希望者のサポートや、自身の経験やスキルを活かした企画でまちを盛り上げてくれる「地域おこし協力隊」を募集します。

イベントや人との交流が好きな方、移住者としての視点やアイデアをお持ちの方はぜひご検討ください。
お会いできるのを楽しみにしております!

日程 2021/12/27(月)~2022/3/18(金)
開催場所 宮城県白石市
定員 1名
参加自治体・参加団体 宮城県白石市
詳細 ■業務内容
①移住定住に関する企画・運営
これまでの経験やスキルを活用し、移住者と地域住民の交流の場づくり(ワークショップやマルシェ開催など)や、移住者目線での新たな取り組みを企画・運営。
②移住定住支援に関する情報発信
移住関連情報、イベント情報、白石の魅力を移住者目線で情報発信。
③移住相談の対応
移住交流コーディネーターとともに、移住希望者への相談対応。
④白石市移住交流サポートセンター(109-one)等の管理運営
移住交流コーディネーターとともに、施設の管理や運営(交流スペース・会議室の貸出)、移住体験住宅の管理や運営(利用者の受付・サポート)。

■募集人数
1名

■勤務地
白石市移住交流サポートセンター「109-one」(住所:白石市字東小路109-1)

■勤務時間
週30時間(原則、週5日、1日当たり6時間勤務となります。)

■任用期間
任用の日から、その属する年度の3月31日まで。(活動などを確認のうえ、最長3年まで更新できます。この場合、原則として年度単位での延長となります。)

■現地案内・個別相談
応募にあたり、白石市移住交流サポートセンターの現地案内(オンライン対応も可)や個別相談を希望される方は、電話・メール等でお申し込みください。業務内容を把握していただいたうえでご応募いただくため、事前の現地見学をお勧めしています。(現地確認にかかる交通費等は自己負担)

◎令和4年度地域おこし協力隊募集要項等
〈募集要項/ファイル名:地域おこし協力隊募集要項_R3_募集期間延長.pdf〉
応募用紙/ファイル名:応募用紙.pdf
応募レポート/ファイル名:応募レポート.pdf
締め切り日 2022/03/18※受付期間の最終日必着。当日消印有効ではありませんので、ご注意ください。
お申し込み ■受付期間
令和3年12月27日(月)~令和4年3月18日(金)必着

■応募方法
下記提出書類を白石市まちづくり推進課に持参または郵送してください。受付期間の最終日必着です。当日消印有効ではありませんので、ご注意ください。
※提出書類
(1)白石市「地域おこし協力隊」応募用紙
(2)応募レポート
(3)住民票抄本(令和3年12月以降に発行されたもの)
(4)普通自動車運転免許証の写し(両面)
ご提出いただいた書類は返却いたしませんのでご了承ください。
お問い合わせ 〒989-0292 宮城県白石市大手町1番1号
白石市市民経済部まちづくり推進課 中澤・佐藤
TEL:0224-22-1327 FAX:0224-22-1451
E-mail:teiju@city.shiroishi.miyagi.jp
URL:https://www.city.shiroishi.miyagi.jp/site/tju/