移住関連イベント情報

このイベントは終了しました

【下関市地域おこし協力隊募集】産直施設での新規事業開発/駅周辺地域の賑わい創出/地域産業の稼ぐ力の創る


地域の方とともに、新たな1ページを作りませんか!

下関市では、地域おこし協力隊員若干名募集しています。

①【菊川地区】
新規事業の企画・開発(製造・販売)、野菜・切花等の新規参入者の発掘・育成
②【豊北地区】
地域資源の再発掘・利活用及び地域の賑わい創出
③【豊北地区】
地域産業の稼ぐ力の創出・発掘とその魅力発信及び担い手不足の解消
詳しく ☞ 『地域おこし協力隊』を募集します(菊川地区・豊北地区)をご確認ください。

下関市地域おこし協力隊の活動の様子は Facebookで配信中!
https://www.facebook.com/shimonosekishichiikiokoshi

まずは、自由な発想による具体的な事業提案をしてみませんか!!!

日程 2021/05/07(金)応募締切
開催場所 活動地域 下関市菊川地区、豊北地区
定員 若干名
詳細 【業務内容】
(1)菊川地区
菊川町は、人口は7,450人(令和2年12月末)、面積83.78㎡、雄滝、雌滝二つの滝が緩やかな清流をつくる中山渓や、やわらかい湯ざわりが特徴の菊川温泉などを有する自然豊かな町です。町全体が穏やかな山地に囲まれた盆地地形となっており、盆地の中心付近に人口が集中し、別名「小日本」と称されます。盆地の中央部には、北から南へ木屋川、西から東へ田部川が流れ、町の中央部で合流し、周囲の田畑を潤しています。中国自動車道小月インターチェンジまで車で7分、新下関駅まで30分で行ける位置にあります。自然が豊かで農産物が豊富ですが、観光資源がやや乏しいとされています。
◆受入団体: 「農事組合法人 小日本ふるさと市」
「小日本ふるさと市」は“新鮮で安全な野菜を消費者に安く”をモットーに、平成2年に小さなプレハブから始まり、平成16年に現在の新店舗をオープンしました。その間、「消費者と生産者の交流の場」として、また菊川町の情報発信の中心として発展しています。隣には道の駅「きくがわ」があります。また近年、消費者の方が遠く北九州や山口市、宇部市と広がるなど、ますます来客数が増加しています。安全面においても保健所の協力を得ながら農産加工品の安全講習を行っています。今後とも会員全員で、新鮮で安全な野菜を作り、消費者に喜ばれる品物を提供することを心がけ、そして生産者の顔の見える市場をめざします。
◆地域おこし協力隊の方には以下の業務をお願いします
(1)新規事業の企画・開発・製造・販売の推進
(2)野菜・切花等の新規参入、または新規参入者の発掘等
(3)店内での販売業務
(4)ふるさと市商品販売促進の立案・助言
(求める人材)
町内に永住する覚悟のある人
※将来的に「小日本ふるさと市」の社員として登用も可能

(2)豊北地区
豊北町は、下関市の北西に位置し、人口は8,338人(令和2年12月末)、面積168.57㎡、東側は白滝山、南側は狗留孫山に、北側と西側は日本海に面した「青い空・光る海」に囲まれた風光明媚な町です。イカやワカメ、サザエ・ウニなどの海産物、梨やイチゴといった農産物のほか、北部に流れる粟野川で採れる青のりなど自然の恵みも豊富です。

◆受入団体①: 「豊北町むらおこし物産振興協同組合」
豊北町むらおこし物産振興協同組合は、平成 4年10月、下関市商工会、山口県漁協、角島漁協、山口県農協、山口県西部森林組合の5団体が出資し、豊北町の観光開発、特産品開発による地域活性化を目標として設立された協同組合です。設立時より豊北町の地域振興のために取り組んでおり、平成23年 4月から「角島サイクルポート」、平成24年 4月から「しおかぜの里角島」の指定管理者として、それぞれの施設を管理運営しています。また、豊北町観光協会や下関市商工会豊北町支部、豊北地区まちづくり協議会とも交流・連携を深めており、観光振興及び地域の活性化に積極的に取り組んでいます。豊北町は高齢化率50%を超える過疎地域です。地元スーパーは1店舗しかなく、若者は生活水準の高い市街地へ移住する傾向にあり、担い手の確保と定住が大きな課題となっています。
◆地域おこし協力隊の方には以下の業務をお願いします
協同組合の活動、地域資源の再発掘及び利活用や地域の魅力発信といった地域振興活動に沿った取り組みを自主的に行っていただくとともに、町の中心部にある「滝部駅」周辺の賑わいを創出する新規事業(イベント)の企画・実施をお願いしたいと考えています。昭和の時代には町の交通要所であり、賑わいのあった滝部駅周辺も、今では活気はなく閑散としています。観光名所「角島」のイメージが強い豊北町ですが、観光名所だけでなく町の中心部にも賑わいを創出いただける方の応募をお待ちしています。

◆受入団体②:「株式会社 海耕舎」
※海耕舎 活動 動画 https://youtu.be/aY5BGrPAszU

2016年に株式会社海耕舎を設立し、NPOと併せて収益事業とボランティアを両立。その志を共有する仲間達とともに人命救助の他、環境保全活動、教育 活動、地域振興のための活動を推進中
◆地域おこし協力隊の方には以下の業務をお願いします
一次産業(農業・漁業及び果樹栽培等)を生業とすることで、定住と共に担い手の確保など、地域課題の解決への貢献を期待しています。
締め切り日 2021/05/07
お申し込み 以下の①~③の書類を募集期間内に郵送又は持参により提出してください。
①応募用紙(下記よりダウンロードしてください。)
http://www.city.shimonoseki.lg.jp/www/contents/1607653661881/files/oubo.docx
②住民票(抄本)1通(直近3カ月以内のもの)
③運転免許症の写し(裏書がある場合は、裏面も含む。)

【提出先】
下関市総合政策部 企画課
〒750-8521 下関市南部町1番1号
Tel:083-231-1911 Fax:083-232-9569
E-mail:sskikaku@city.shimonoseki.yamaguchi.jp
お問い合わせ 下関市総合政策部 企画課
〒750-8521 下関市南部町1番1号
Tel:083-231-1911 Fax:083-232-9569
E-mail:sskikaku@city.shimonoseki.yamaguchi.jp