移住関連イベント情報

このイベントは終了しました

【美馬市】地域おこし協力隊(伝統工芸「藍染」)

※2月20日(土)正午より、美馬市地域おこし協力隊インスタグラムアカウントにて、活動拠点や活動内容紹介のライブ配信を行います。ご興味のある方は、インスタグラムで「美馬市地域おこし協力隊」と検索いただき、ご視聴ください。※

美馬市は徳島県西部にある、清流穴吹川や剣山などの豊かな自然とともに、うだつの町並み、寺町など歴史や文化も感じられる町です。

先日放送が始まった大河ドラマ「青天を衝け!」では渋沢栄一の生家での藍玉づくりの様子が紹介されていますが、藍といえば徳島!特に美馬市は藍の集散地として栄えたところです。

ここ、美馬市で藍染に関する地域おこし協力隊の募集をします。

(以下、美馬市ホームページより)
徳島県美馬市では、伝統工芸の継承と地域力の維持・強化を図る活動に従事する「地域おこし協力隊」を募集します。
「美来(みらい)創生(そうせい)のまち 美馬市」は、日本百名山の「剣山」、四国三郎「吉野川」や日本一の清流「穴吹川」などの豊かな自然に加え、「うだつの町並み」や「寺町」など文化遺産も多く、歴史情緒豊かなまちです。 近年では、かつて藍の集散地として栄えた「うだつの町並み」に「美馬市観光交流センター」を開所し、藍染体験ができる「藍染工房」を整備したほか、「美馬市伝統工芸体験館」も開所し、美馬市美馬町の伝統工芸である和傘の製作が体験でき、美馬和傘の製作拠点として稼働しています。また、観光事業の健全な発展と振興並びに地域活性化を図り、もって市民生活、文化及び経済の向上発展を促し、地域創生に寄与することを目的とした「一般社団法人 美馬観光ビューロー」を平成30年から設立しています。
美馬市では、日本遺産に認定された伝統工芸(藍染)に携わっていただくとともに、美馬市の観光情報の発信に取り組んでいただける方を募集します。意欲ある方の応募をお待ちしています。ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。

日程 2021/02/22(月)締切
開催場所 【活動エリア】
美馬市全域としますが、主な活動拠点は下記のとおりです。

主な活動拠点・・・青木家住宅内「藍染工房」(徳島県美馬市美馬町字宮前225)
美馬市観光交流センター「藍染工房」(徳島県美馬市脇町大字脇町45番地1)
定員 1人
詳細 【募集条件】
(1)年齢 満20歳以上
(2)性別 問いません
(3)都市地域等(条件不利地域は除く)から美馬市内へ生活の拠点を移し、住民票を美馬市へ異動できる方 ※地域要件(応募可能地域の可否)について確認したい方は、お気軽にお問い合わせください。
(4)普通自動車運転免許を取得し、運転できる方(AT限定可)
(5)過疎地域の活性化に意欲があり、活動地域、関係者との親密なコミュニケーションが取れる方
(6)藍染製作に必要な知識・技術を自ら進んで学び、実践できる方
(7)地域おこし協力隊としての活動終了後も、美馬市に移住し、自身で起業・就業をしたい方

【業務・活動】
隊員は、地域の実情に応じて美馬市と連携しながら次の業務を行い、会議・研修会等への参加なども行います。
(1)伝統工芸(藍染)製作の知識や技術習得及び製品製造
(2)市内観光地や伝統工芸(藍染や美馬和傘)等の観光情報発信に関わること
(3)地域・関係者等との交流に関すること
(4)地域資源を活用した体験メニュー開発
(5)伝統工芸(藍染)の販売戦略の確立と実践
(6)その他、目的達成に資する活動

詳しくは下記募集要項をご覧ください。
締め切り日 2021/02/22
お申し込み 応募用紙に必要事項を記入の上、履歴書を添付し、下記まで送付してください。
※応募に係る経費(書類申請、面接に伴う経費等)は、全て応募者の負担となります。
美馬市『地域おこし協力隊』募集要項PDFファイル(78KB)
美馬市『地域おこし協力隊』応募用紙PDFファイル(85KB)

【面接予定日】
令和3年3月4日(木)、5日(金)
応募者に別途ご連絡いたします。

<応募締切>
令和3年2月22日(月) ※当日消印有効
お問い合わせ 〒777-8577
美馬市穴吹町穴吹字九反地5番地
美馬市 美来創生局 観光課
TEL:0883-52-5610
FAX:0883-52-1704
Mail:kankou@mima.i-tokushima.jp
その他 美馬市ホームページ「地域おこし協力隊(藍染)の募集について」