移住関連イベント情報

このイベントは終了しました

【竹田市】地域おこし協力隊を募集しています

自分らしいライフスタイルを求める方
竹田市で地域おこし協力隊として活動してみませんか?

大分県の南西部に位置する竹田(たけた)市は、瀧廉太郎が「荒城の月」の構想を練った岡城を擁する400年の歴史を持つ城下町があり、さらに、阿蘇くじゅう国立公園、祖母傾国定公園の2つの自然公園、雄大な「久住高原」に質量共に日本一の炭酸泉と言われる「長湯温泉」など、豊かな自然にも恵まれています。
川端康成をはじめとする多くの文人に愛された土地は、歴史と文化が息づき、「姫だるま」などの伝統工芸品や「かぼす」「サフラン」「しいたけ」のような特色ある農産物も生産されています。

全国に先駆けて「農村回帰宣言」を標榜した竹田市は、組織体制の確立、集落支援員 や定住支援員の充実などによる事業推進によって、移住定住施策は着実な成果を見せています。平成22年度から令和2年度までの10年間には、178世帯342人が竹田市に移住しました。

これまでの6年間で89名の地域おこし協力隊の方々が竹田市のまちづくりに一緒に取り組んできましたが、来年度についても、竹田市民と協働して地域づくり に取り組んでいただける方を募集します。

詳細は、竹田市地域おこし協力隊募集をご覧ください。
竹田市を盛り上げたい方、ご応募をお待ちしております!

日程 2021/2/12(金) ※募集締切(必着)
開催場所 大分県竹田市
定員 一 般 部 門:7名程度
企画提案部門:若干名
詳細 ◆募集期間:令和3年1月14日(木)~2月12日(金)必着
◆募集業種:
【一般部門】
・文化事業の企画・運営、施設管理・貸館業務   2名
・社会福祉士の資格を有した地域づくり     1名
・畜産の振興に関する活動            1名
・祖母山麓を拠点とした活動           2名
・久住高原・くじゅう山系の景観を守る活動   1名

【企画提案部門】
※企画提案については自由です。

【活動期間】令和3年4月1日から1年間とします。(4月1日以後に委嘱した場合は委嘱した月から1年間) ※1年ごとの更新とし、最長3年まで延長可能。

◆地域おこし協力隊募集要項
令和2年度地域おこし協力隊第二次募集要項

◆地域おこし協力隊応募用紙
【令和2年度】地域おこし協力隊応募用紙(Excel)
【令和2年度】地域おこし協力隊応募用紙(PDF)
締め切り日 2021/02/12(金)
お申し込み 竹田市役所企画情報課総合政策室まで、郵送若しくは持参してください。

〒878-8555 大分県竹田市大字会々1650番地
竹田市役所 企画情報課総合政策室
担当:渡部 哲哉/重石 和紀
電話:0974-63-4801 FAX:0974-63-0995
お問い合わせ 〒878-8555 大分県竹田市大字会々1650番地
竹田市役所 企画情報課総合政策室
担当:渡部 哲哉/重石 和紀
電話:0974-63-4801 FAX:0974-63-0995
E-mail:nousonkaiki@city.taketa.lg.jp