移住関連イベント情報

このイベントは終了しました

暮らしを育てる「島根の日常」3回目

暮らしを育てる「島根の日常」 ~家族とご近所でつくるお茶を“おすそ分け”でつなぐ~
おうちで過ごす時間が長かった今年、自分の暮らしを見つめ直した方も多いのでは。
「暮らしを育てる“島根の日常”」は島根で暮らす人・関わる人の「日常」をお伝えし、暮らしを作る・育てるヒントにしてもらいたい…という思いでスタートしました。
衣食住に手間や時間をかけることに面白さを感じた方におすすめのオンラインイベントです。
島根の素朴な日常をのぞいてみませんか?

◆今回のテーマは『手作り、お茶、地域の暮らし』
今回のゲストは島根県出身・東京都在住の七咲友梨さん。
東西に長い島根県の西部地域、益田(ますだ)市のご出身ですが、
益田市よりももう少し西側、山口県との県境にある吉賀町(よしかちょう)に
現在はご実家があるそうです。
七咲さんは写真家でありながら、「tea farmer」という肩書も持つ方。
島根ってお茶が有名なところだっけ?
七咲さんによると、昔は自宅で飲むお茶はどこの家庭も自分の家で作っていたそうです。
吉賀町の柿木(かきのき)地区には今でもそんな文化が残っているんだとか。
古くからこの地域に受け継がれて各家庭で飲まれていたお茶を“おすそ分け”するように、
毎年少量ずつ作り、販売するクラフトティープロジェクト「SOTTO CHAKKA<ソットチャッカ>」を七咲さんは手掛けています。

吉賀のお茶と、他のお茶は何が違うの?
東京にいながら、地元のことをするようになったきっかけって?
吉賀町・柿木の自然そのものの『野草茶』を飲みながら、お話を聞いてみませんか。

日程 2020/11/14(土)
開催時間 20:00-21:30
開催場所 zoom
参加費 ①1,000円(お茶つき) ②無料(参加のみ)
参加自治体・参加団体 公益財団法人ふるさと島根定住財団
しまね移住支援サテライト東京
お申し込み ▼イベントの詳細、お申し込みはこちら。お申込み締切にご注意ください
https://peatix.com/event/1694808
お問い合わせ 公益財団法人ふるさと島根定住財団
しまね移住支援サテライト東京
soudan-tokyo@teiju.or.jp