移住関連イベント情報

このイベントは終了しました

【オンライン】今、地方で暮らすということ vol.1「等身大の移住」

「今、地方で暮らすということ」と題して、4週連続の座談会配信を行います。

第1回目は、「等身大の移住」と題して、辰野町にときどきopenする
bar「good local bar さゝ家」から配信。

メンバーの、1年前に移住してきた山下さんが、
悩みもがきながら生き抜いてきた、きわめて個人的な話をみんなで深掘りします!

移住に興味のある方、長野県に興味のある方、二地域居住に興味のある方、
是非みてもらえると嬉しいです。
当日は、コメントもお待ちしております!!

↓ 詳細はコチラ ↓
https://www.facebook.com/events/3299255333469577

日程 2020/7/12(日)
開催時間 21:00-22:30
開催場所 長野県辰野町からオンライン配信
参加自治体・参加団体 長野県辰野町「たつの暮らし相談所」
一般社団法人「〇と編集者」
詳細 ー内容ー
働き方、生き方がより多様になった昨今、
自分はなぜ、いまここにいるのだろう?
と在り方を見つめ直す人も多いのではないでしょうか。
最近、地方への生活にご関心を持つ方々増えているなと感じています。
地方に生きる人々が、なぜここにいて、何を考え、どんな生活をしているのか。

私たち○と編集社メンバーは、東京、神奈川そして三重から、
「未来はワクワクするもの」と信じて長野県に集まって生業を営んでいます。
(通常時は、会社メンバー全員、二地域暮らしをしています。)

キラキラな地方移住!ではない、きわめて個人的な話を通し、
少しでも「生きやすい暮らし」の参考になればいいな、と思い企画しました。

おこがましいかもしれないけれど、すごく等身大な私たちの生活や、
想像する未来についてお話しできればと思います。

ー座談会メンバーー
●赤羽孝太(建築士)
2016年から出身地である長野県辰野町の集落支援員となったことをきっかけに、家族全員での横浜と辰野町の二地域暮らしがスタート。
一級建築士事務所 MMMstudio 主宰。地域にワクワクする人を増やすことを目的に(一社)◯と編集社を設立。

●奥田悠史(ディレクター)
三重県と長野県のローカル×ローカルの二地域暮らし。(株)やまとわ 取締役、デザイン事務所の Alpenglow works 主宰、 (一社)◯と編集社理事。三重県では、毎週水曜日にハラぺコ里の市(マルシェ)を主催。学生時代にバックパックで世界一周を経験。2018年から辰野町に住う。

●山下実紗(プランナー)
銀座のソーシャルバーPORTO の日替わり店主として月1回店に立つ。新しいライフスタイルと地域に根ざした活動を研究中。学生時代にブラジルに留学。大学卒業後は独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)で働いた後、◯と編集社に参画。2019年から辰野町在住。
お問い合わせ ■長野県辰野町「たつの暮らし相談所」
長野県上伊那郡辰野町中央1番地
TEL:0266-41-1111
FAX:0266-41-4651
HP:https://www.tatsuno-life.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/town.tatsuno.life

■一般社団法人「〇と編集者」
長野県上伊那郡辰野町辰野1705−1 STUDIOリバー 3F
HP:https://maruto.or.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/MARUtoEdit/